【QUICK Forecast企業業績】5/21時点 今期の営業利益0.8%増、来期は6.8%増益

QUICKは上場企業の2期先までの業績予想を算出するツール「QUICK Forecast企業業績」を利用して、今期(実績発表済みの翌期、2019年12月期や2020年3月期など)と来期(実績発表済みの翌々期、20年12月期や21年3月期など)の5月21日時点の業績集計を行った。3月決算企業のなかで決算発表が終わったのは、2408銘柄(99.5%)で、19年3月期のデータがほぼ出そろった。

→前回5月14日時点のリポートはこちら

金融を除く全産業(3318社ベース)の今期の連結売上高は前期比1.0%増の692兆3505億円、営業利益が同0.8%増の50兆1768億円、経常利益が同2.8%増の51兆4165億円、純利益が同1.3%増の34兆2139億円となった。

■今期の業績予想 今期の業績予想

営業損益について直近実績と今期予想を東証業種分類で比較すると、大幅な増益が見込まれるのは海運業、精密機器、その他製品で、大幅な減益が見込まれるのは情報・通信業、鉱業・電気・ガス業となった。前回リポートとの比較では、大幅な減益が見込まれる業種の4位・5位が入れ替わり、陸運業・機械がランクインした。

■営業損益の増加(改善)率が大きい業種

増益率が大きい業種

■営業損益の減少(悪化)率が大きい業種

減益率が大きい業種

また来期は売上高が今期予想比3.7%増の717兆8298億円、営業利益が6.8%増の53兆5730億円、経常利益が5.5%増の54兆2452億円、純利益が6.2%増の36兆3225億円となった。

■来期の業績予想

来期の業績予想

関連記事

  1. 【QUICK Forecast企業業績】4/16時点 今期の営業利益1.9%増、来期は5.8%増益

  2. 【QUICK Forecast企業業績】3/19時点 今期の営業利益1.6%増、来期は6.3%増益

  3. 【QUICK Forecast 企業業績】11/13時点 今期の営業利益4.7%増、来期は6.3%増

  4. 【QUICK Forecast 企業業績】11/6時点 今期の営業利益4.8%増に減速 自動車や建設が押し下げ

  5. 【QUICK Forecast 企業業績】主要345社、来期も堅調 全業種で営業増益

  6. トヨタは必達目標、日本紙は努力目標? 業績予想にはクセがある

  7. 上場企業、19年3月期の業績予想は横ばい【決算モニタ】

  8. 決算シーズン到来、2018年3月期は9%台の営業増益で着地へ

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP