【QUICK Forecast企業業績】5/14時点 今期の営業利益0.1%増、来期は6.7%増

QUICKは上場企業の2期先までの業績予想を算出するツール「QUICK Forecast企業業績」を利用して、今期(実績発表済みの翌期、2019年12月期や20年3月期など)と来期(実績発表済みの翌々期、21年3月期など)の5月14日時点の業績集計を行った。最も多い3月期決算のうち発表が終わったのは、1538社(64%)で、時価総額でみると全体の75%となる。

金融を除く全産業(3304社ベース)の連結売上高は前期比1.7%増の692兆261億円、営業利益が同0.1%増の50兆1738億円、経常利益が同2.2%増の51兆4145億円、純利益が同0.5%減の34兆2163億円となった。

■今期の業績予想

営業利益の直近実績と今期予想を比較すると、大幅な増益が見込まれるのは海運業、精密機器、その他製品で、大幅な減益が見込まれるのは情報・通信業、鉱業・電気・ガス業となった。

■営業利益の直近実績と今期予想比較

増益率が大きい業種

減益率が大きい業種

また来期は売上高が今期予想比3.7%増の717兆4549億円、営業利益が6.7%増の53兆5592億円、経常利益が5.5%増の54兆2321億円、純利益が6.1%増の36兆3130億円となった。

関連記事

  1. 米中ヒートアップと世界経済ペースダウン、懸念は越年【投資情報マンスリー12月】

  2. 主要企業、19年度の営業利益見通し5.1%増 さらに下方修正 【QUICK企業価値研究所】

  3. 主要企業、19年度は営業利益5.8%増 見通しを下方修正 【QUICK企業価値研究所】

  4. 主要企業、19年度は4.5%増益 電機や自動車など製造業けん引 【QUICK企業価値研究所】

  5. 主要248社の今年度、営業益6.6%増に下方修正 QUICK企業価値研究所

  6. 主要260社、18年度の純利益2%増へ 内需系の収益がやや伸び悩む QUICK企業価値研究所

  7. 主要261社、来年度の営業利益9%増へ 製造業の好調持続 QUICK企業価値研究所

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP