米スクエア9%高 上場来高値更新 決済・ビットコインアプリ

5日の米国市場で決済アプリやビットコインアプリを手がけるスクエアが大幅に続伸。9.56%高の50.42ドルで終え、初めて終値で50ドルの大台を突破し、上場来高値を更新した。一時は50.50ドルまで上昇した。

スクエアは2月27日の大引け後に決算を発表し、好業績から株価は高値圏での推移が続いていた。

米マーケット・ウォッチによれば2日夕にヒラリー・スミス相談役が辞任すると発表した以外、特に新しいニュースは出ていなかったとのこと。この日は仮想通貨のビットコインが11000ドル台で堅調だったせいか、ブロックチェーン関連のライオット・ブロックチェーンも2%超上げて堅調だった。

※関連記事はこちら https://www.quick.co.jp/6/article/13262

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。

関連記事

  1. いま注目の米国株、スクエアとは? スマホ決済で成長 ビットコインにも参入か

  2. スクエア決算、1Q見通しは弱気 時間外で売られる

  3. 右肩下がりビットコイン「さらに15%下落も」 クリプタクトが分析リポート

  4. 仮想通貨カストディー業務、フィデリティが参入

  5. 「CEO人事より重要」な退任劇で株価つるべ落とし 米スクエア10%安+時間外でも10%安

  6. 賢人も大富豪もビットコインに厳しい見方 関連銘柄の米DPWが7%安

  7. ビットコインが7000ドル割れ FBIが技術サポートを装った詐欺を警告

  8. 米スクエア、7~9月期の増収率鈍化に失望 時間外で株価8%安

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP