お金の悩み、不安のトップは「老後資金」 【個人の資産形成に関する意識調査⑦】

QUICK資産運用研究所が昨年11月に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。7回目は、お金の悩みについて聞いた結果を年代別で比較した。(調査概要と過去の配信はこちら

お金に関連して困っていること、不安に感じていることの質問では「老後資金」がトップだった。特に老後が近づく40~50代で比率が高く、半数以上の人が老後資金に対して不安を感じていることがわかった。「老齢に伴う介護・医療費」の回答が2番目に多かった。

一方で、およそ4人に1人はお金に関連して「特に困っていることはない」と答えた。中でも20代はこの回答が35.1%と、すべての選択肢で最も比率が高かった。もっとも「現在困っていることはないが、漠然とした不安がある」との回答も20代では20.5%あり、70-74歳の25.5%に次いで高かった。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. 金融機関「信頼していない」3割も 【個人の資産形成に関する意識調査⑮最終回】

  2. 外貨建て保険、高い金利が魅力 【個人の資産形成に関する意識調査⑭】

  3. 税制優遇制度の認知度・利用度低く 【個人の資産形成に関する意識調査⑬】

  4. 投信・ラップ・外貨建て保険 理解してる? 【個人の資産形成に関する意識調査⑫】

  5. 投資のきっかけ、20代「ネット」60代「退職金」 【個人の資産形成に関する意識調査⑪】

  6. 投資商品、重視するポイントは? 【個人の資産形成に関する意識調査⑩】

  7. 資産運用、まずは「勉強が必要」のイメージ 【個人の資産形成に関する意識調査⑨】

  8. 資産形成の必要性「感じる」増え49% 【個人の資産形成に関する意識調査⑧】

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP