投信保有者、4割強が積み立て投資 【個人の資産形成に関する意識調査④】

QUICK資産運用研究所が11月に全国5000人以上を対象に実施した「個人の資産形成に関する意識調査」。4回目は投資信託の積み立て投資について深堀りした。(調査概要と過去の配信はこちら

投信を保有している人に買付方法を聞いたところ、「一括投資のみ」が57.4%と6割近くを占めた。「積み立てのみ」と「積み立ても一括投資もしている」の合計は42.5%だった。

年代別では若年層ほど積み立て投資をしている人の割合が多く、20代では8割にのぼった。

積み立て投資をしている人のうち、61.8%が「一般NISA(少額投資非課税制度)・つみたてNISA」を利用。特定口座・一般口座が51.3%で続いた。

また、ファンドタイプ別の保有状況は国内株式がトップで、積み立て投資をしている人の半数(50.1%)が組み入れていた。バランス(42.4%)や海外株式(34.6%)の人気も高かった。

(QUICK資産運用研究所)

関連記事

  1. つみたてNISAの口座開設3.7%どまり 【個人の資産形成に関する意識調査⑤】

  2. 税制優遇制度の認知度・利用度低く 【個人の資産形成に関する意識調査⑬】

  3. 三菱UFJ国際投信、「eMAXIS」など投資家のニーズに幅広く対応 (インデックスファンドNAVI)

  4. 上場延期のレオス、「ひふみ」の成長は踊り場

  5. ブロガー向けにiDeCo新プラン説明会 SBI証が三菱UFJ国際とタッグ 

  6. 大和投資信託「iFree」 とんがった品揃え、個性が強み(インデックスファンドNAVI)

  7. ニッセイAM<購入・換金手数料なし>、低コストにこだわり(インデックスファンドNAVI)

  8. アセマネOne「たわら」、幅広い販売網で存在感(インデックスファンドNAVI)

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP