IFA実態調査㊥ 【収益源】柱は証券仲介手数料

独立系金融アドバイザー(IFA)実態調査の2回目は、収益源や提案商品といったサービスの「中身」に迫る。

■証券出身はコミッション、保険出身は生保販売

IFA業務の主な収益源は、「証券の仲介手数料(コミッション)」が最多の36.0%で、「生命保険販売業務が」14.5%、「預かり資産に応じた報酬(フィー)」と「コンサルティング業務(顧問料、相談料)が8.0%と続いた(図1)。

IFAになる直前の経歴別に集計したところ、経歴によって主な収益源は大きく異なった。証券会社出身者はコミッションが60.0%、フィーが11.9%、コンサルティング業務が6.0%。一方、保険代理店出身者は、生命保険販売業務が48.0%、コミッションが8.0%、コンサルティング業務が4.0%だった。

今後注力したい分野(複数回答可)を聞くと、「預かり資産残高に応じた報酬(フィー)」がトップの47.0%。「証券の仲介手数料(コミッション)」が42.0%、「コンサルティング業務(顧問料、相談料)」が35.5%で続いた(図2)。現在の収益体系と比較すると、フィーを主軸に安定収益を確保したいIFAが多い傾向となっている。

■提案商品は「投信」「国内株式」が上位

顧客に提案する頻度が最も高い商品も、経歴別で傾向に差がついた。全体では投資信託が42.5%、国内株式が22.0%、保険が14.0%だったのに対し、証券会社出身者は国内株式が44.0%、投資信託が34.5%だった(図3)。

今後注力していきたい商品を聞くと、トップの投資信託が63.0%に達した。国内株式が31.5%、海外株式が27.5%と続いた(図4)。

その裏で、IFAにとって商品に関する情報不足が課題となっている。情報が不足している商品として、投資信託や海外株式、海外債券・仕組債がその上位にあげられた(図5)。

(QUICK資産運用研究所 中田裕子)

※参考記事 IFA実態調査㊤【預かり資産】証券出身者、平均11億円で最大 (11/28)

      IFA実態調査㊦【顧客開拓】ほかの顧客や取引先からの紹介で (11/30)

関連記事

  1. IFA実態調査㊦ 【顧客開拓】ほかの顧客や取引先からの紹介で

  2. IFA実態調査㊤ 【預かり資産】証券出身者、平均11億円で最大

  3. IFAの認知度いまイチだが成長度イチ押し 業者側は前向き、想研調査

  4. FP・IFAへの相談、経験者の6割は「今後も利用したい」【個人意識調査(6)】

  5. 資産運用は誰に相談? 投資経験で違い、初級者はロボアド敬遠【個人意識調査(4)】

  6. 楽天証券、契約先IFAが10年で1000人に 「管理口座コース」「紹介モデル」導入へ

  7. 楽天証券IFA養成校、7割が20~30代 幅広い職種から参加

  8. 楽天証券、IFA経由の預かり資産拡大  「3つのA」と「全天候型」を重視

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP