日銀は大規模緩和をいつ修正するのか QUICK月次調査<外為>

日銀は現行の大規模な金融緩和策(長短金利操作付き量的・質的金融緩和)をいつ修正するのか――。米国発の金融・資本市場の動揺が収まらないなか、円相場や日本株の先行きを占ううえで市場参加者が注目するテーマだ。黒田東彦日銀総裁の再任報道もあり、日銀の次の一手への関心が高まる。 2月の「QUICK月次調査<外為>」※では、日銀のイールドカーブ・コントロール(YCC)の調整・上場投資信託(ETF)の買い入れ縮小の時期などについて、外国為替市場の担当者に聞いた。調査期間は、日米株が乱高下した2月5~8日。回答者数は78人。 ※QUICKでは株式や債券、外為部門などの市場関係者を対象に毎月、足元の景気や相場動向についてアンケートを実施。結果を「QUICK月次調査」として各部門ごとに公表しています。 YCCの調整時期、年内が4割近く 日銀が進めてきた大規模な金融緩和策については、縮小観測は一部で浮上している。しかし、日銀は2月2日、利回りを指定して国債を無制限に買い入れる指し値オペ(公開市場操作)を約7カ月ぶりに実施。長期金利は狙い通りに0.1%手前で抑えられ、日銀は現時点では市場でくすぶる誘導金利水準の引き上げ観測を後退させようと努めているもようだ。 2月9日から10日にかけては、市場ではコンセンサスだったとはいえ、黒田東彦日銀総裁の続投も報じられた。 今回、日銀が現行のイールドカーブ・コントロール(YCC)の調整に乗り出す時期について聞いたところ、最も多かったのは「2018年後半」で32%、次いで「2019年」が30%、「2020年」が17%だった。「(調整時期は)こない」という回答も9%あった。「2018年前半」(5%)と合計すると、外為市場関係者の4割近くは年内のYCC調整を予測していることになる。 市場関係者からは「春季労使交渉で賃上げがある程度高めで決着すれば、物価上昇への人々の拒否反応が和らぐ可能性があり、物価情勢は日銀の目標である2%に近づいて行く。その流れが日銀の金融政策正常化観測を強める可能性は否定できず、YCCの調整等への期待感が強まる」との指摘があった。一方、「円高を恐れている限り、いつまでたっても日銀に出口はない」といった冷めた意見も寄せられた。 日銀によるETF(上場投資信託)買い入れ額の縮小時期について聞いたところ、「2019年」が45%と大多数を占め、次いで「2018年後半」が19%、「2020年」が14%だった。 ETFの買い入れ方針を見直せば株式市場に混乱を招く恐れもあり、早期の縮小は難しいとの見方が多いもよう。調査期間中に世界同時株安が発生したこともあり「株価暴落が一時的か否かでその先々の金融政策に影響を及ぼす」と株式相場の動向を重視する声が上がった。 2月末は1ドル=109円99銭 予想は円高方向にシフト 毎月定点調査している為替相場見通しによると、金融機関の外為業務担当者の為替見通しは2月末の平均値で1ドル=109円99銭と、1月調査(111円26銭)から円高へシフトした。3カ月後の4月末には111円01銭、6カ月後の7月末には111円97銭の予想。今後6カ月程度を想定した注目の変動要因は、円・ドル・ユーロすべて「金利/金融政策」で、特に円に関しては、引き続き注目度7割を超えている。 ファンドの運用担当者に外貨建て資産の組入状況について聞いたところ、「ニュートラル」が67%から36%に大幅に低下した一方で、「オーバーウエート」が11%から27%に上昇し、「アンダーウエート」も22%から36%に上昇した。 事業法人の業績予想の前提為替レートは、平均値で1ドル=110円60銭と現在の水準(109円02銭~109円90銭)より円安の予想だが、対ユーロでは1ユーロ=132円00銭と現在の水準(134円36銭~136円71銭)より大幅に円高の予想となっている。 ※Qr1などQUICKの情報端末では、月次調査の詳細とヒストリカルデータをご覧いただけます。

米国上場の株式ETFから大規模資金流出 相場乱高下の2月第2週

2月5~9日(第2週)の1週間で米国上場の株式ETF(上場投資信託)から大規模な資金が流出した。QUICK FactSet Workstationによれば全体で289億9633万ドル(3兆1504億円)の資金がネット流出となり、このうちS&P500に連動するスパイダーS&P500ETFだけで231億2020万ドルの資金が流出し、全体の79%を占めた。 ナスダック100指数に連動するパワーシェアーズQQQトラストの39億8014万ドルも含めれば、大型ETFの2つだけで全体の流出額の93%を占める計算だ。 世界同時株安の中でパッシブ投資家や個人投資家が主力のETFに解約売りを出したとみられる。一方、この週で最も資金が流入したのはiシェアーズ・コアS&P500の11億552万ドルで、大型株の一角には押し目買い意欲の強さがみられた。 なお分類別でみると、この週は「債券ETF」が8億6894万ドルのネット流入となったほか、VIXロング、ショートなどのデリバティブ関連ETFを含む「オルタナティブ」が7億993万ドルのネット流入となったが、コモディティ(9億2948万ドル流出)、アセット・アロケーション(8685万ドルの流出)、通貨(2658万ドルの流出)などは流出が相次いだ。 金価格に連動するSPDRゴールド・シェアーズからも8億6942万ドルの資金が流出し、キャッシュ化の動きが強まった。 2月5~9日の米国上場株式ETFのファンドフロー・流出トップ10 (注)QUICK FactSet Workstationより (QUICKデリバティブズコメント) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

原田工業(6904)は28%高 ラクオリア(4579)は23%安 9日の夜間PTS

13日の株式市場で、原田工業(6904)や洋刃物(5964)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で13日の基準値を大きく上回る水準で約定した。原田工業の約定価格は基準値に比べ28.93%高、洋刃物は同28.57%高だった。また、主要銘柄では塩野義(4507)が基準値を3.46%上回る水準で約定した。   一方でラクオリア(4579)やクロスプラス(3320)も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で13日の基準値を大きく下回る水準で約定した。ラクオリアの約定価格は基準値に比べ23.03%安、クロスプラスは同21.64%安だった。また、主要銘柄ではパイオニア(6773)が基準値を4.55%下回る水準で約定した。 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

オリンパス(7733)、18年3月期の純利益630億円に上方修正 決算スコアはプラス0.71

オリンパス(7733)は9日の取引時間終了後、2017年4~12月期の連結決算(国際会計基準)を発表し、純利益が前年同期比22%増の480億円だったと発表した。売上高は8%増の5720億円だった。医療事業など主要3事業が増収となったうえ、科学事業や映像事業が増益となった。外国為替相場が対米ドル、対ユーロともに想定より円安で推移したことも収益を押し上げた。 併せて発表した18年3月期の業績予想では連結純利益を従来予想の600億円から630億円(前期比47%増)に上方修正した。 決算や業績予想修正による株価インパクトを統計的に数値化したQUICKの「決算スコア」は今回の決算をプラス0.71とポジティブに評価した。 QUICK端末のナレッジ特設サイトで利用できる「決算スコア」は、決算や業績予想修正の発表が株価に与える影響を過去データから統計的に解析・評価し、株価の変化率を推測する参考指標だ。例えば、ある決算発表に対してスコアがプラス1.00であれば、過去データに基づいて「この決算内容であれば、平均的に株価は1%上昇する」と評価したことを意味する。 【オリンパスの決算スコア】  

NTT(9432)、4~12月期の連結純利益10%増 決算スコアはプラス1.03

NTT(9432)は9日の取引時間終了後、2017年4~12月期の連結決算(米国会計基準)を発表し、純利益が前年同期比10%増の7365億円だったと発表した。売上高に当たる営業収益は4%増の8兆7220億円だった。長距離・国際通信や、データ通信事業が増収増益だった。インド最大財閥タタ・グループとの提携解消を巡り、NTTドコモ(9437)が得た損害賠償金も収益に寄与したようだ。 18年3月期の業績見通しは売上高が前期比3%増の11兆7500億円、純利益は10%増の8800億円の見通し。 決算や業績予想修正による株価インパクトを統計的に数値化したQUICKの「決算スコア」は今回の決算をプラス1.03とポジティブに評価した。 QUICK端末のナレッジ特設サイトで利用できる「決算スコア」は、決算や業績予想修正の発表が株価に与える影響を過去データから統計的に解析・評価し、株価の変化率を推測する参考指標だ。例えば、ある決算発表に対してスコアがプラス1.00であれば、過去データに基づいて「この決算内容であれば、平均的に株価は1%上昇する」と評価したことを意味する。 【NTTの決算スコア】    

パイオニア(6773)、今期一転赤字 決算スコアは大幅なマイナスに

パイオニア(6773)は9日の取引時間終了後、2018年3月期の連結最終損益が30億円の赤字(前期は50億円の赤字)になりそうだと発表した。為替差損などが重荷になり、従来予想の35億円の黒字から一転して赤字に沈む。主力のカーエレクトロニクス製品の販売が伸び悩み、営業利益は従来予想の半分の50億円(前期比20%増)に引き下げた。売上高は3700億円(前期比4%減)と従来予想から100億円の下方修正となった。 併せて発表した2017年4~12月期決算は、連結最終損益が55億円の赤字(前年同期は30億円の赤字)、売上高が前年同期比6%減の2708億円だった。 決算や業績予想修正による株価インパクトを統計的に数値化したQUICKの「決算スコア」は、17年4~12月期決算についてマイナス4.72、業績予想の引き下げについてもマイナス2.12とネガティブに評価した。   QUICK端末のナレッジ特設サイトで利用できる「決算スコア」は、決算や業績予想修正の発表が株価に与える影響を過去データから統計的に解析・評価し、株価の変化率を推測する参考指標だ。例えば、ある決算発表に対してスコアがプラス1.00であれば、過去データに基づいて「この決算内容であれば、平均的に株価は1%上昇する」と評価したことを意味する。 パイオニア株は9日夕の私設取引で急落している。SBIジャパンネクスト証券が運営する私設取引システム(PTS)で、15時半前には同日の東証終値を37円(17%)下回る183円を付けた。

あの企業の業績修正確率は? 進捗率や過去データから試算 【ナレッジサイト】

日米株が乱高下するなか、国内上場企業の2017年4~12月期の決算発表が続いている。国内外の景気拡大や円安を背景に通期予想を上方修正する企業も少なくない。それでもなお通期計画に対する業績の進捗率が高い企業が多く、一段の業績上振れが期待されるところだ。2月以降の米国発の世界同時株安をきっかけに、日本株でも銘柄を問わず全体的に買われる従来の相場が転換点を迎えたとの見方もあり、個別企業の業績にこれまで以上に関心が集まりやすい地合いになりつつある。 QUICK端末のナレッジ特設サイト「業績修正確率&着地予想」では、足元の収益の進捗率や過去の傾向を加味しながら、売上高や利益の今後の業績修正確率をはじいている。 上方修正と下方修正の確率を高い順、低い順にそれぞれ並べ替えられるほか、同時に過去の統計データを基にした解析エンジンで試算した業績の着地予想も記載しているため、会社予想と比べた乖離(かいり)具合も一覧できる。 「通期予想」の項目の「修正」欄では、直近の決算と同時に企業が業績予想を修正したかどうかを確認できる。「絞り込み」欄で、修正した企業や据え置いた企業だけを表示することも可能だ。 2月8日に決算発表した銘柄で営業利益の上方修正確率が高いものから順に並べ替えると、上位には奥村組(1833)、高砂熱学工業(1969)、日本坩堝(5355)などが顔を出した。3社を含むランキング上位銘柄は、今回の決算でも営業利益予想を引き上げており、かなり勢いをつけているように映る。 もっとも日本坩堝やインフォテリア(3853)のように売上高や利益の水準が低い企業については、変化率が大きい分、業績修正確率が一見高めに出てしまう点は注意が必要だ。そうしたリスクを避けるために、ある程度の企業規模を求める場合には「採用指数」欄で日経平均やTOPIX500など対象を絞り込める。 また銘柄名の横にある「チャート」をクリックすると、業績予想履歴と株価のチャートが現れる。過去の業績予想の推移を視覚的に確認するのに役立つほか、業績修正の可能性の株価への織り込みが進んでいるかをチェックするのにも便利だ。 【QUICKナレッジコンテンツグループ・内山佑輔】

エヌビディア上昇、エクスペディア下げる 騰落率上位【米時間外】

8日の米国株式市場では、通常取引終了後の時間外取引で、エヌビディアが買われている。日本時間9日午前7時10分時点の株価は243.55ドルと通常取引終値を11.96%上回る水準で推移している。一方、エクスペディアは下げた。日本時間7時10分時点の株価は99.99ドルと通常取引終値を18.72%下回る水準。 以下、8日の時間外取引で値動きの目立つ主な米国株をまとめた。日本時間9日午前7時10分時点で、株価の単位はドル。騰落率は通常取引終値との比較。 ▽主な上昇銘柄一覧 コード 銘柄 時間外株価 騰落率 分類 @FEYE/U ファイアアイ 15.90 +12.60% 情報技術サービス @NVDA/U エヌビディア 243.55 +11.96% 半導体 @NUAN/U ニュアンスコミュニケーションズ 16.85 +3.31% パッケージ・ソフトウェア @ATVI/U アクティビジョン 67.74 +2.90% 娯楽用品 @NOW/U サービスナウ 143.86 +2.68% 情報技術サービス @YNDX/U ヤンデックスA 36.14 +2.68% インターネット・ソフトウェアサービス @ERJ/U エンブラエル ADR 26.49 +2.30% 航空宇宙・防衛 @AL/U エアリース 44.76 +2.18% 金融・レンタル・リース @WB/U ウェイボー 114.00 +2.00% インターネット・ソフトウェアサービス @GGB/U ゲルダウ 4.21 +1.86% スチール ▽主な下落銘柄一覧 コード 銘柄 時間外株価 騰落率 分類 @EXPE/U エクスペディア 99.99 -18.72% その他消費者サービス @Z/U ジローグループC 42.94 -7.37% その他商業サービス @PCLN/U プライスライングループ 1745.00 -3.38% その他消費者サービス @TRIP/U トリップアドバイザー 39.10 -2.37% その他消費者サービス @MMYT/U メイクマイトリップ 32.35 -1.38% その他消費者サービス @RENN/U レンレン 8.68 -1.25% インターネット・ソフトウェアサービス @CPST/U キャプストーンタービン 0.86 -1.13% 電気製品 @TJX/U TJX 73.60 -1.02% 衣料・履物小売り @NXPI/U NXPセミコンダクターズ 115.15 -0.68% 半導体 @GOL/U ゴルリンアスアエリアスイン 10.00 -0.59% 旅客航空輸送業 ※国内証券会社の取り扱いが多い銘柄からQUICKがピックアップした銘柄をユニバースにしています。 ※この記事はQUICKのAI速報で作成しました。

安江工務(1439)が20%高 アイビー(4918)は19%安 8日の夜間PTS

9日の株式市場で、安江工務(1439)や助川電(7711)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で9日の基準値を大きく上回る水準で約定した。安江工務の約定価格は基準値に比べ20.74%高、助川電は同17.82%高だった。また、主要銘柄ではテルモ(4543)が基準値を4.7%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄>   一方、アイビー(4918)やデジアド(4772)も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で9日の基準値を大きく下回る水準で約定した。アイビーの約定価格は基準値に比べ19.76%安、デジアドは同14.67%安だった。また、主要銘柄では旭硝子(5201)が基準値を2.9%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

エヌビディア、データセンター部門の伸びに注目 【米決算プレビュー】

GPU(画像処理半導体)大手のエヌビディアが日本時間9日朝、11~1月期(4Q)決算を発表する。QUICK FactSet Workstationによると、市場予想のEPS(1株利益)は前年同期比16.8%増の1.16ドルが見込まれている。主力のゲーム部門、データセンター部門の好調により、四半期ベースで2桁増収増益を続ける公算が大きい。ただ、増収率・増益率ともにやや鈍化しており、若干の減速感が意識される可能性はある。 ソフトバンク(9984)は10兆円ファンドと称される「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を通じてエヌビディアに多額の出資を行っており、エヌビディアの業績はソフトバンクの株価動向にも影響を与える。 【エヌビディアの株価とEPSの推移】  (注)グレーの折れ線は株価、水色の棒グラフはEPS予想の最高値、青色は最安値、緑と赤の●はEPS実績値をそれぞれ示す 【11~1月期決算の市場予想】(前年同期比) ・売上高    :26億7220万ドル(23.0%増) ・純利益          : 7億2280万ドル(10.3%増) ・EPS              : 1.16ドル(16.8%増) 【売上高の部門別内訳】  ・ゲーム部門     :15億7300万ドル (16.7%増) ・映像化部門    : 2億4200万ドル (7.6%増) ・データセンター部門: 5億5000万ドル(85.8%増) ・自動車部門    : 1億4900万ドル(16.4%増) ・OEMその他   : 1億7000万ドル (3.4%減) ※QUICK FactSet Workstationより エヌビディアはコンピューターグラフィックスの先端を行くビジュアルコンピューティング企業で、PCやモバイル機器に搭載される高性能なグラフィックスチップとプロセッサの開発・製造を手掛ける。製品用途は、PCの画像処理から、ゲーム機、専門可視化装置、データセンター、AI(人工知能)、仮想通貨のデータ処理、自動車等へと拡大。任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」のメーンプロセッサーにエヌビディア製のモバイルプロセッサ「Tegra」が採用されている。 ゲーム向けのグラフィック処理などに使ってきたGPUはAIの技術を取り込みやすい特長があり、ディープラーニングに適しているとみたトヨタやテスラなどが相次ぎ採用。エヌビディアのGPUは世界の自動車・部品大手に自動運転車の研究で使われており、レベル5と呼ばれる完全自動運転の技術開発に弾みがつく可能性があるとみられている。 主力のゲーム部門は、好調が続く「ニンテンドースイッチ」向けプロセッサー販売の伸びが期待されるが、注目は成長著しいデータセンター部門だろう。アマゾン、グーグル、マイクロソフトなど米主要クラウド提供会社がエヌビディアのGPUを採用していることから、クラウド市場の伸びの恩恵を享受しそう。 アマゾン、マイクロソフトの10~12月期決算ではクラウド事業の伸びが顕著で、エヌビディアのデータセンター部門の業績にも追い風となるとみられる。 【過去20四半期決算分析】  EPS実績      対市場予想 上振れ回数      18 下振れ回数          2 EPS実績/市場予想(%) 平均乖離率   +39.7 平均上振れ率    +47.5 平均下振れ率    -30.2 決算発表直後1日の値動き 上昇回数     14 下落回数      6 平均騰落率    +6.1 平均上振率      +10.2 平均下振率         -3.4 (注)QUICK FactSet Workstationの「サプライズ履歴」より作成 同社の決算発表は概ね市場予想を上回って着地するケースが多く、過去5年(20四半期)で18回も上振れ。その際の平均上振れ率は48%にも達する。その一方で、2回下振れしたが、その下振れ率は30%。この決算発表直後1日の値動きは、14回が上昇し、6回下落。平均上昇率10.2%、下落率は3.4%だった。 傾向的に市場予想を大幅に上回る着地となり、株価もポジティブに反応することが多い。ただ、市場予想を上回る決算ながら利益確定売りなどで売られたケースも少なからずあることには留意したい。 世界同時株安に揺れた2月5日に急落したものの、依然として最高値圏をキープするなど、業績期待は根強い。市場予想を大幅に上回る好決算となれば、最高値を更新することは十分考えれよう。しかし、PER(株価収益率)が50倍強とバリュエーション面で割安感に乏しいだけに、市場予想を下回る着地で業績の伸び鈍化が意識されると、利益確定売りに押されるかもしれない。 (QUICK エクイティコメント) ※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。また、米国株については決算結果の速報ニュースのほか、FANGプラスの銘柄を中心に業績の着地点や注目ポイントをまとめた「米決算プレビュー」を決算発表前に配信しています。投資に役立つ独自コンテンツをまとめたQUICK端末の「ナレッジ特設サイト」では、米決算プレビューに加えて決算発表の日程も公表しています。

ニコン(7731)、4~12月期営業利益2.2倍 決算スコアはプラス3.33とポジティブ

ニコン(7731)が8日に発表した2017年4~12月期の連結決算(国際会計基準)は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比2.2倍の414億円だった。映像事業と精機事業の増益が全体の営業利益を押し上げた。 会社が計画する2018年3月期の営業利益530億円に対する進捗率は78.2%だった。売上高は前年同期比7.2%減の5252億円、純利益は56.7%増の223億円だった。配当性向40%以上という方針を勘案し、期末の1株当たり配当金を17円、年31円(17年3月期は年16円)とした。 18年3月期連結の業績予想は営業利益と経常利益をともに上方修正したが、純利益は据え置いた。 2018年3月期連結業績予想の修正        売上高  営業利益 経常利益 純利益 従来予想   7100億円 450億円 450億円 300億円  今回修正予想 7200億円 530億円 520億円 300億円 決算や業績予想修正による株価インパクトを統計的に数値化したQUICKの「決算スコア」は今回の決算をプラス3.33とポジティブに評価した。決算スコアは決算や業績予想修正の発表が株価に与える影響を評価し、株価の変化率を測る参考指標です。例えば、ある決算発表に対してスコアが+1.00であれば、過去データに基づいて「この決算内容であれば、平均的に株価が1%上昇する」と評価されたことになります。

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP