【朝イチ便利帳】30日 日銀が政策決定、ソニーやアップル決算、FOMC~31日

30日は日銀金融政策決定会合の結果公表と黒田日銀総裁の会見、ソニーや米アップルなど決算発表が予定されている。 【30日の予定】 国内 時刻 予定 8:30 6月と4〜6月期の失業率(総務省)   6月の有効求人倍率(厚労省) 8:50 6月の鉱工業生産指数速報値(経産省) 15:30 黒田日銀総裁が記者会見   清田日本取引所CEOの記者会見 その他 日銀金融政策決定会合の結果公表   7月の「経済物価情勢の展望(展望リポート)」(日銀)   4〜6月期決算=ヤクルト、味の素、ニチレイ、ZOZO、野村不HD、三菱ケミHD、積水化、アステラス、OLC、コニカミノル、ガイシ、NTN、三菱電、エプソン、ソニー、アルプスアル、川重、日野自、HOYA、任天堂、H2Oリテイ、SBI、岡三、丸三、水戸、いちよし、日本取引所、沢田HD、極東証券、藍沢、JR東日本、JR西日本、JR東海、ANAHD、三井住友トラ、三井住友FG     1~6月期決算=ヒューリック、AGC 海外 時刻 予定 10:30 6月の豪住宅着工許可件数 21:30 6月の米個人所得個人消費支出(PCE) 22:00 5月のS&Pコアロジックケースシラー米住宅価格指数 23:00 7月の米消費者信頼感指数   6月の米仮契約住宅販売指数 その他 米中の閣僚級貿易協議(上海、31日まで)   1〜6月期決算=中国華為技術   マレーシア市場が休場   米連邦公開市場委員会(FOMC、31日まで)   4〜6月期決算=アップル、アドバンストマイクロデバイス(AMD)、プロクターアンドギャンブル(P&G)、マスターカード、メルク、ファイザー、ギリアドサイエンシズ、アムジェン 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 3906 ALBERT、1〜6月営業益3倍 データ分析好調 日経 +6.23% 7/29 9984 ソフトバンクG、インドネシアに2100億円投資 東南ア市場攻略へ 日経 +3.88% 7/29 4722 フューチャー、1〜6月営業益3割増 流通システム好調 日経 +1.45% 7/29 9532 大ガス、米シェール開発買収 650億円で全株取得 日経 +1.14% 7/29 9020 JR東日本広報誌で不正、休刊決定 内容改変や写真使い回し 各紙 +0.45% 7/29 9433 KDDI、格安スマホ専売店増加 販売効率向上 日経 +0.12% 7/29 8830 住友不、4〜6月経常益1割増 3年連続最高 日経 +0.07% 7/29 2730 エディオン、家具店で家電販売 専門店とFC契約 日経 -0.09% 7/29 9432 NTT東京メトロ提携 ITで保守や混雑予測 日経 -0.39% 7/29 8697 「総合取引所」来年度に 日本取引所、東商取を50億円で買収 日経 -0.65% 7/29 2127 中小企業支援へ新媒体立ち上げ 日本M&AZUU(マザーズ、4387) 日経 -0.86% 7/29 7309 シマノ、1〜6月純利益11%減 為替差損は縮小 日経 -0.96% 7/29 7181 かんぽ生命、4月の日本郵政による株売却時に「苦情把握」 各紙 -1.04% 7/29 6178 -1.64% 7/29 7735 スクリン、今期純利益6%減 半導体装置伸び悩み 日経 -1.54% 7/29 6501 日立、「利益率10%」遠く 4〜6月営業6.1% 日経 -2.59% 7/29

【朝イチ便利帳】28日 G20サミット開幕、有効求人倍率や鉱工業生産指数

28日は5月の失業率、有効求人倍率、鉱工業生産指数速報値、6月の都区部消費者物価指数などが発表される。20カ国・地域首脳会議(G20サミット)が大阪で開幕する。新規株式公開(IPO)関連ではリビン・テクノロジーズ(4445)が東証マザーズ市場に上場する。 海外では6月のユーロ圏消費者物価指数、5月の米個人所得・個人消費支などが発表される予定だ。   【28日の予定】 国内 時刻 予定 8:30 5月の失業率(総務省)   5月の有効求人倍率(厚労省)   6月の都区部消費者物価指数(CPI、総務省) 8:50 日銀金融政策決定会合の主な意見(19〜20日開催分)   5月の鉱工業生産指数速報値(経産省) 10:20 3カ月物国庫短期証券の入札発行(財務省) 13:00 5月の自動車輸出実績(自工会) 14:00 5月の住宅着工戸数(国交省) 19:00 6月の為替介入実績(財務省) その他 20カ国地域首脳会議(G20大阪サミット、29日まで)   3〜5月期決算=Jフロント   東証マザーズ上場=リビンテクノロジーズ 海外 時刻 予定 18:00 6月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値 21:30 5月の米個人所得個人消費支出(PCE) 22:45 6月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI) 23:00 6月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ) 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 6740 Jディスプレ、中国ファンドが522億円支援 再建なお流動的 各紙 +18.33% 6/27 6963 ローム、車載向け増産 ゲートドライバー200億円投資、能力15倍 日刊工 +4.66% 6/27 7718 スター精、純利益下方修正 1〜6月予想 日経 +3.28% 6/27 6503 三菱電、インドで工場効率化 20社以上と提携 日経 +2.86% 6/27 3938 LINE、NTTドコモと提携 スマホ決済、メルカリ(マザーズ、4385)と陣営 日経 +1.99% 6/27 9437 +1.15% 6/27 3048 ビックカメラ、14%減益 9〜5月営業、訪日客向け不振 日経 +1.95% 6/27 4689 ヤフー、フリマアプリ参入 ペイペイで決済可能に 日経 +1.26% 6/27 9501 東電HD、太陽光固定価格の終了後 8.5円で買い取り 日経 +1.26% 6/27 7751 欧州委、キヤノンに制裁金34億円 日経 +0.85% 6/27 7181 かんぽ生命、1.9万件乗り換えできず 各紙 -0.14% 6/27 4912 ライオン、来年から就業中禁煙へ 治療費を全額補助 日経 -0.30% 6/27 5938 LIXILグ、復帰の瀬戸氏「取締役、14人は多い」 来年にも5〜9人に 日経 -0.40% 6/27 2678 アスクル、純利益91%減 前期、減損30億円を計上 日経 -0.90% 6/27 7611 ハイデイ日高、6%減益 3〜5月単独税引き 日経 -1.54% 6/27

【朝イチ便利帳】29日 2月の有効求人倍率、CPIなど統計集中日 3月の米消費者態度指数

29日は2月の失業率、2月の鉱工業生産指数が発表されるほか、2年物利付国債の入札が行われる予定。IPO関連では、Welby(4438)、エードット(7063)が新規上場する。 海外では2月の米個人所得や3月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI)、1月の米個人消費支出などが発表される予定だ。 【29日の予定】 国内 時刻 予定 8:30 2月の有効求人倍率(厚労省)   2月の失業率(総務省)   3月の都区部消費者物価指数(CPI、総務省) 8:50 2月の鉱工業生産指数(経産省) 14:00 2月の住宅着工(国交省) 15:30 中西経団連会長の記者会見 19:00 3月の為替介入実績(財務省) その他 閣議   東証マザーズ上場=エードット、Welby     海外 時刻 予定 0:30 ボスティック米アトランタ連銀総裁がパネル討議に参加 1:05 クオールズ米連邦準備理事会(FRB)副議長が講演(30日)     2:15 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が討論会に参加 3:30   7:00 ブラード米セントルイス連銀総裁が講演 18:00 3月の独失業率 18:30 10〜12月期の英国内総生産(GDP)改定値 21:30 2月の米個人所得   1月の米個人消費支出(PCE) 22:25 ウィリアムズ米ニューヨーク連銀総裁が講演 22:45 3月の米シカゴ購買部協会景気指数(PMI) 23:00 2月の米新築住宅販売件数   3月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ) 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 3938 LINEの対話アプリ「LINE」に電子チラシ ダイエーと実験、属性データ利用 日経 -0.52% 3/28 4696 ワタベ、MBO取りやめ 資金調達のメド立たず 日経 -1.35% 3/28 9501 東通原発建設へ東電HDが準備組織 日立など4社連合の観測 日経 -1.39% 3/28 6501 -0.72% 3/28 8001 伊藤忠、中国で病院運営 現地医療系に100億円出資 日経 -1.45% 3/28 9506 発電用石炭14%値下げ、東北電とスイス資源大手グレンコア合意 電気料金押し下げ要因に 日経 -1.84% 3/28 4307 野村総研が営業最高益、今期9%増 ITコンサル好調 日経 -1.87% 3/28 2379 ディップ、5年間で500億円投資 ソフトで自動化「ロボット派遣」 日経 -1.89% 3/28 6758 ソニー平井氏、1年で会長退任へ 各紙 -1.93% 3/28 8233 高島屋、営業益2割減 前期9年ぶり減益、新店費用かさむ 日経 -1.94% 3/28 8015 豊田通商、南アの車販売大手買収へ 日経 -2.87% 3/28 3302 帝繊維と三陽商、株主提案を否決 一部は会社側が譲歩 日経 -3.34% 3/28 8011 -1.02% 3/28 8008 4℃ホールデ、前期営業益2割減 日経 -3.42% 3/28 6723 S&P、ルネサス1段階格下げ 財務悪化で 日経 -5.38% 3/28

【朝イチ便利帳】1日 1月の米雇用統計、ソニーやNTTドコモが決算

1日は2018年12月と通年の失業率や有効求人倍率、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の18年10~12月期運用状況が発表されるほか、ソニー(6758)やNTTドコモ(9437)などが決算発表を予定している。IPO関連では、 エネクス・インフラ投資法人の公開価格が決定される予定。 海外では、1月の財新中国製造業購買担当者景気指数(PMI)や1月の米雇用統計などが発表される予定だ。   【1日の予定】 国内 時刻 予定 8:30 12月と18年の失業率(総務省)   12月と18年の有効求人倍率(厚労省)   QUICKコンセンサスDI(1月末時点) 10:20 3カ月物国庫短期証券の入札発行(財務省) 13:30 小林同友会代表幹事の記者会見 14:00 1月の新車販売(自販連)   1月の軽自動車販売(全軽自協) 15:30 年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の10〜12月期運用状況 その他 閣議   12月末の税収実績(財務省)   日本と欧州連合(EU)の経済連携協定(EPA)が発効   4〜12月期決算=住友化、武田、小野薬、コニカミノル、JFE、豊田織、日精工、NTN、ジェイテクト、日立、OKI、ソニー、キーエンス、デンソー、ローム、京セラ、三菱自、アイシン、ホンダ、HOYA、豊田通商、三井物、阪急阪神、SGHD、NTTドコモ     海外 時刻 予定 0:00 12月の米建設支出(2日)   1月の米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景況感指数(2日)   1月の米消費者態度指数(確報値、ミシガン大学調べ、2日) 10:45 1月の財新中国製造業購買担当者景気指数(PMI) 19:00 1月のユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値 22:30 1月の米雇用統計 23:45 カプラン米ダラス連銀総裁が講演 その他 10〜12月期決算=メルク、エクソンモービル、シェブロン   マレーシア市場が休場 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 6594 日電産、独社を買収 100億円で、減速機を強化 日経 +4.15% 1/31 5486 日立金、今期純利益12%減 日経 +3.30% 1/31 6981 村田製、40%増益 4〜12月最終、車載電子部品伸びる 日経 +3.10% 1/31 6301 コマツ、4〜12月純利益19%増 社長に小川氏、新興国開拓に重点 日経 +2.86% 1/31 3092 ZOZO、初の減益 今期純利益12%減、PB事業伸びず 各紙 +2.52% 1/31 8035 東エレク、純利益40%増 4〜12月 半導体投資、先行きは懸念 日経 +2.18% 1/31 6988 日東電、純利益16%減 今期、減益幅が拡大 日経 +2.12% 1/31 7974 任天堂、「遺産」頼みの回復 4〜12月純利益25%増、スイッチ販売下方修正   日経 +2.05% 1/31 3386 コスモバイオ、一転最終増益 前期9%増 日経 +1.62% 1/31 6952 カシオ、初の早期退職実施 日経 +1.61% 1/31 7011 三菱重社長に泉沢氏 宮永氏は会長に 構造改革にメド 日経 +1.57% 1/31 7201 日産自の西川社長ら、3社「合議制」を維持 トップ会談で一致 各紙 +1.44% 1/31 8304 あおぞら銀、純利益11%減に 4〜12月 日経 +1.36% 1/31 6702 富士通、4〜12月純利益7%減 独工場の閉鎖費計上 日経 +1.30% 1/31 6724 エプソン、今期一転営業減益 5%減620億円 日経 +1.28% 1/31 8604 野村、赤字1012億円 4〜12月、過去のM&Aで損失 各紙 +1.26% 1/31 8058 三菱商、6%増益 4〜12月最終、利益進捗率は低水準 日経 +1.24% 1/31 9433 KDDI、純利益3%増 4〜12月 日経 +1.11% 1/31 7205 日野自、4〜12月純利益3%減 日経 +1.01% 1/31 6954 ファナック、42%減益 10〜12月営業、中国での受注急減 日経 +0.99% 1/31 8411 みずほFG、純利益14%減 4〜12月 日経 +0.84% 1/31 8316 三井住友FG、純利益2%減 4〜12月 日経 +0.77% 1/31 2802 味の素、今期純利益64%減 日経 +0.66% 1/31 4217 日立化、純利益11%減 今期 日経 +0.56% 1/31 4519 中外薬、前期純利益27%増 日経 +0.46% 1/31 8308 りそなHD、純利益30%減に 4〜12月 日経 +0.45% 1/31 6504 富士電機、今期純利益下振れ 日経 +0.44% 1/31 9432 NTT、ぷららをNTTドコモ傘下に 通信と映像融合 日経 -0.61% 1/31 9437 -0.13% 1/31 3938 LINE、赤字に転落 前期最終 スマホ決済、投資重く 日経 -3.68% 1/31

【朝イチ便利帳】28日 失業率、鉱工業生産など各種統計、高島屋決算、大納会

28日は東京証券取引所などで大納会が開かれるほか、11月の失業率や有効求人倍率などが発表される。 【28日の予定】 国内 時刻 予定 8:30 12月と2018年平均の都区部消費者物価指数(CPI、総務省)   11月の失業率(総務省)   11月の有効求人倍率(厚労省) 8:50 対外対内証券売買契約(週間、財務省)   11月の鉱工業生産速報(経産省)   11月の商業動態統計速報(経産省)   日銀金融政策決定会合の主な意見(12月19〜20日開催分) 13:00 11月の自動車輸出実績(自工会) 19:00 12月の為替介入実績(財務省) その他 閣議   大納会   3〜11月期決算=高島屋 海外 時刻 予定 0:00 11月の米仮契約住宅販売指数(29日) 1:00 米エネルギー省の石油在庫統計(週間、29日) 23:45 12月のシカゴ購買部協会景気指数(PMI) その他 12月の独CPI速報値 【今日の株価材料】 コード 材料 (NQN「今日の株価材料」より) News 比較 2928 RIZAPの松本氏、代表権返上へ 日経 +16.37% 12/27 2503 キリンHD、肌検査キットと乳酸菌販売提携 日経 +5.65% 12/27 9783 東京地裁、ベネッセHD傘下のベネッセコーポレーション側に賠償命令 情報流出1人当たり3300円 日経 +5.01% 12/27 9504 中国電とJFE傘下のJFEスチール、千葉の石炭火力計画を撤回 採算見込めず 各紙 +4.24% 12/27 5411 +3.03% 12/27 6503 三菱電社長、パイオニア(監理、6773)株売却意向 ファンド要請なら 日経 +4.21% 12/27 9843 ニトリHD、3〜11月期最高益 市場は2ケタ成長を期待 日経 +4.09% 12/27 3086 Jフロント、3〜11月期純利益7%減 百貨店レジ入れ替え響く 日経 +3.82% 12/27 9501 東電HD中部電の火力統合会社JERA、脱火力依存へ洋上風力 まず英台湾で参入 日経 +3.72% 12/27 9502 +3.73% 12/27 7201 中国で日産自マツダも車減産 市場縮小が影、景気の減速要因に 日経 +3.25% 12/27 7261 +5.25% 12/27 7201 仏ルノー、日産自に株主総会を再要求 「議論は平行線」 各紙 +3.25% 12/27 4689 ヤフーとソフトバンク(SB、9434)共同出資のペイペイ、不正利用で全額補償 カード流出情報巡り 日経 +2.29% 12/27 6701 NEC、デンマークIT最大手買収 1360億円、電子政府化に商機 各紙 +2.14% 12/27 3050 DCM、3〜11月期純利益6%増 日経 +2.05% 12/27 4825 WNIウェザ、今期下方修正 システム投資で 日経 +1.47% 12/27 6178 日本郵政グループの日本郵便、速達郵便の料金下げ検討 日経 +1.20% 12/27  

また好調な経済指標、米の長短金利差は拡大傾向

5日の米国市場で10年物国債利回りは前日比0.05%高い3.23%で終えた。金融政策の影響を受けやすい2年債利回りは0.01%の上昇にとどまり、米長短金利スプレッドは35bpに拡大した。 9月の米連邦公開市場委員会(FOMC)を受け、米連邦準備理事会(FRB)による利上げの打ち止めを織り込む形で、スプレッドは一旦縮小したが、その後発表された米サプライマネジメント協会(ISM)製造業指数や5日発表の米雇用統計などの経済指標は軒並み米景気の好調さを示す結果となった。 9月の米雇用統計で失業率は3.7%と1969年12月以来、48年9カ月ぶりの水準に低下した。非農業部門の雇用者数は13万4千人増と市場予想(18万5千人増)を下回ったが、過去2カ月分が上方修正されており、均してみれば堅調な状況が続いている。(池谷信久)   ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

強弱まちまち米雇用統計、金融政策に大きな影響なしとの見方

市場の関心事だった4日発表の4月米雇用統計は、ややマチマチ感があるものだった。非農業部門の新規雇用者数(NFP)は前月比16万4000人増となり、市場予想(19万2000人増、QUICK FactSet Workstation)を下回った。平均時給も前月比+0.1%にとどまって市場予想(+0.2%)を下回ったが、失業率は3.9%で17年4カ月ぶりの低水準に改善した。 4日にCMEグループのFedウォッチツールで6月米連邦公開市場委員会(FOMC)での25bp利上げの織り込み度は100%となり、前日と同じだった。9月FOMCまでに50bpの利上げが行われる確率は69.4%と前日(67.2%)からやや上昇した。 今回の雇用統計に対する各社の4日付リポートでの見解は下記の通り。平均時給の弱さが警戒される半面、FRBの金融政策に影響を与えるものではないとの指摘が出ていた。4日の為替市場でドル円は一時108円台半ばまでドル安・円高に振れたが、初動はドル売りとなったものの、FRBの利上げシナリオの見方が大きく変わらなければドル高基調が再開しそう。米商品先物取引委員会(CFTC)の投機筋の円ポジションは1日時点で5週ぶりに円ショートに転じ、ドル買い・円売りの流れが再開していることを示していた。 ●ゴールドマン・サックス 「今回の雇用統計からは、労働市場が改善を続けているトレンドについて変化が起きたとは示されていない。6月FOMCでの利上げ確率を従来の90%から95%に引き上げる」 「前回の雇用統計からは他のビジネス調査と同様、労働市場の成長が減速していることが示されているが、失業率の緩やかな低下を促す労働の増加は続いている」 ●JPモルガン 「賃金上昇率と労働市場のゆるみ(スラック)が市場では議論の鍵となっているが、前回の雇用統計からは変化がうかがえなかった」 「臨時雇用者がさらに増加すれば、賃金上昇率に上昇余地が増えるだろう」 ●ノムラ・セキュリティーズ 「4月雇用統計では雇用者数の安定した増加と失業率の低下が示された一方、平均時給が弱かったのがサプライズだった」 「3月分の平均時給は+0.2%から+0.1%に下方修正され、この結果、前年同月比では+2.7%から+2.6%に伸び率が鈍化した。平均時給に基づけば、2016年以降の賃金成長は平均で前年同月比で+2.6%成長で止まっている」 (片平正ニ) ※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP