富士興(5009)が26%高 イオン(8267)は3%安 5日の夜間PTS

8日の株式市場で、富士興(5009)やフォーサイド(2330)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で8日の基準値を大きく上回る水準で約定した。富士興の約定価格は基準値に比べ26.54%高、フォーサイドは同18.48%高だった。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <7月8日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4531 有機薬 +35.09% 0.1   2 5009 富士興 +26.54% 92.3 (7/8)信用規制開始 開始日 東証 3 2330 フォーサイド +18.48% 39.1 (7/5)業績上方修正 通期経常利益400万円→6,000万円 4 9419 ワイヤレスG +18.32% 0.4   5 8946 エイシアンスター +16.78% 401.2 (7/5)ストップ高 東証 6 4764 SAMURAI +11.98% 54.2 (7/5)適時開示:アドバイザリー契約締結による売上計上に関するお知らせ 7 8918 ランド +11.43% 63.1 (7/5)空売り規制対象 東証 8 6185 SMN +8.15% 21.2 (7/5)ストップ高 東証 9 1783 アジアGTHD +6.25% 0.1   10 6138 ダイジェト +5.76% 2.8 (7/5)ストップ高 東証 11 8518 アジア投資 +5.67% 6.0   12 4714 リソー教育 +5.34% 7.7 (7/5)リソー教育、駿台と資本業務提携 難関校特化の個別指導塾設立(NQN) 13 4570 免疫生物 +5.07% 5.8 (7/2)ストップ高 東証 14 1430 ファーストコポ +5.07% 0.1   15 2180 サニーサイド +4.54% 0.2 (7/8)株式分割 1:2 権利落日 16 4974 タカラバイオ +4.50% 0.1   17 2191 テ ラ +4.47% 0.2 (7/1)適時開示:第三者割当により発行される第19回乃至第21回新株予約権(行使価額修正条項付)の払込完了に関するお知らせ 18 9265 ヤマシタヘルケア +4.25% 0.1 (7/5)ストップ高 東証 19 2493 イーサポート +3.90% 2.9 (7/5)2Q決算 経常利益 6.6倍 20 9233 アジア航 +3.90% 0.1 (7/5)適時開示:新たなサービスの開始に関するお知らせ 霞ヶ関キャ(3498)やFブラザース(3454) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで8日の基準値を下回る水準で約定した。霞ヶ関キャの約定価格は基準値に比べ14.55%安、Fブラザースは同7.28%安だった。また、主要銘柄ではイオン(8267)が基準値を3.09%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <7月8日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3498 霞ヶ関キャ -14.55% 1.4 (7/5)3Q決算 経常利益 -2.8倍 2 3011 バナーズ -10.40% 0.2   3 3454 Fブラザース -7.28% 3.4 (7/5)2Q決算 経常利益 96.7%減 4 6044 三機S -6.99% 2.8 (7/5)業績下方修正 通期純利益5.8億円→4.31億円 5 3815 メディ工房 -5.82% 1.1 (7/5)3Q決算 経常利益 45.0%減 6 4343 ファンタジー -4.80% 1.1 (7/5)1Q決算 経常利益 80.5%減 7 8585 オリコ -4.13% 0.1   8 8742 小林洋行 -4.03% 0.1 (7/2)月次売上高 2019/06 先物取引売買高 21,954枚 9 9946 ミニストップ -3.86% 0.2 (7/5)1Q決算 経常利益 -7.7倍 10 3667 enish -3.55% 49.5   11 3250 ADワークス -3.53% 343.2 (7/8)ライツイシュー 権利落日 12 8016 オンワードHD -3.38% 0.1 (7/8)純利益24%減 3〜5月期、衣料品苦戦(日経) 13 7727 オーバル -3.36% 0.1   14 9651 日プロセス -3.14% 1.0 (7/5)通期決算 経常利益 14.9%増 15 8267 イオン -3.09% 16.7 (7/8)最終赤字43億円 3〜5月、本業のGMS不振(日経) 16 3409 北日紡 -3.03% 0.1 (7/5)ストップ高 東証 17 2307 クロスキャット -2.92% 0.1   18 8226 理 経 -2.86% 0.1   19 4399 くふう -2.78% 0.1   20 2321 ソフトフロントH -2.57% 0.6 (7/1)信用銘柄選定 取引開始日 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

イオン(8267)は1%高 安川電(6506)は2%安 7日の夜間PTS

8日の株式市場で、NEW ART(7638)やいであ(9768)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で8日の基準値を大きく上回る水準で約定した。NEW ARTの約定価格は基準値に比べ26.07%高、いであは同26.05%高だった。また、主要銘柄ではイオン(8267)が基準値を1.54%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月8日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 7638 NEW ART +26.07% 894.8 (5/7)通期決算 経常利益 3.3倍 2 9768 いであ +26.05% 0.6 (5/7)1Q決算 経常利益 2.3倍 3 4657 環境管理 +15.38% 58.4 (5/7)信用規制開始 開始日 東証 4 3985 テモナ +14.97% 1.3   5 8616 東海東京 +12.26% 0.1 (5/7)年初来安値更新 東証 6 6741 日信号 +11.82% 1.8 (5/7)通期決算 経常利益 2.7倍 7 3823 アクロディア +9.24% 123.1 (5/7)ストップ高 東証 8 4220 リケンテクノス +7.98% 0.2 (5/7)通期決算 経常利益 8.5%増 9 8999 グランディ +5.79% 0.1 (5/7)通期決算 10 6810 マクセルHD +5.49% 4.5 (5/7)今期年配286円に増額(日経) 11 6088 シグマクシス +4.66% 1.7 (5/7)通期決算 経常利益 26.4%増 12 9709 NCS&A +4.32% 0.1   13 7183 あん保証 +3.95% 2.2 (5/7)業績上方修正 通期経常利益2.76億円→3.4億円 14 7198 アルヒ +3.67% 2.9 (5/7)適時開示:【フラット35】に関する一部報道について 15 4777 ガーラ +3.40% 0.1   16 3179 シュッピン +3.12% 0.1 (5/7)通期決算 経常利益 5.8%減 17 6494 NFK-HD +3.08% 0.2   18 7419 ノジマ +2.93% 0.2 (5/7)通期決算 経常利益 17.3%増 19 3082 きちりHD +2.92% 0.2 (5/7)3Q決算 20 3467 アグレ都市 +2.92% 2.8 (5/7)通期決算 経常利益 47.1%減 タツミ(7268)やJSP(7942) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで8日の基準値を下回る水準で約定した。タツミの約定価格は基準値に比べ10.16%安、JSPは同9.43%安だった。また、主要銘柄では安川電(6506)が基準値を2.61%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月8日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 7268 タツミ -10.16% 6.0 (5/7)通期決算 経常利益 99.6%減 2 7942 JSP -9.43% 0.1 (4/26)通期決算 経常利益 36.7%減 3 1728 ミサワ中国 -8.37% 0.4 (5/7)通期決算 経常利益 2.2倍 4 7646 PLANT -7.02% 0.3 (5/7)2Q決算 経常利益 64.5%減 5 6817 スミダコーポ -6.86% 1.2 (5/7)1Q決算 経常利益 39.9%減 6 4347 ブロメディア -5.06% 1.5 (4/26)貸株注意喚起取消 解除日 東証 7 3085 ALサービスH -4.63% 0.1 (5/7)適時開示:2019年12月期4月度月次売上高に関するお知らせ 8 8023 大興通 -4.55% 0.4 (4/26)年初来高値更新 東証 9 7172 JIA -4.36% 40.4 (5/7)JIAがストップ安気配 1〜3月期減益で、『巻き返し可能』の声も(NQN) 10 2743 ピクセル -4.33% 0.7 (4/26)適時開示:新株予約権の行使に関するお知らせ 11 3680 ホットリンク -3.75% 0.1   12 2060 フィード・ワン -3.51% 0.1   13 6754 アンリツ -3.17% 2.3 (5/7)空売り規制対象 東証 14 6177 AppBank -3.09% 2.7 (4/24)空売り規制対象 東証 15 6067 インパクト -2.91% 0.3 (4/24)日々公表解除 解除日 東証 16 9704 アゴーラHG -2.86% 0.1   17 7063 エードット -2.84% 0.3   18 3773 AMI -2.76% 0.2 (5/7)業績上方修正 通期純利益5.61億円→9.46億円 19 8927 明豊エンター -2.71% 0.1 (4/26)適時開示:販売用不動産の譲渡に関するお知らせ(梅ヶ丘) 20 8186 大塚家 -2.66% 7.9 (5/7)大塚家具が大幅高 短期の個人買い優勢(NQN) ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

ナノキャリア(4571)が10%高 ブロバンタワ(3776)は11%安 5日の夜間PTS

8日の株式市場で、小島鉄(6112)やイーサポート(2493)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で8日の基準値を大きく上回る水準で約定した。小島鉄の約定価格は基準値に比べ16.98%高、イーサポートは同11.32%高だった。また、主要銘柄ではNTN(6472)が基準値を2.74%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <4月8日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6112 小島鉄 +16.98% 3.4 (4/5)業績上方修正 半期営業利益2,000万円→5,000万円 2 2493 イーサポート +11.32% 0.3 (4/5)1Q決算 経常利益 79.0倍 3 4571 ナノキャリア +10.00% 38.4 (4/5)適時開示:NC-6004 膵がんを対象とした第III相試験における症例登録完了のお知らせ 4 3054 ハイパー +9.96% 0.2   5 6086 シンメンテHD +9.28% 1.4 (4/5)業績上方修正 通期純利益3.17億円→5.01億円 6 8016 オンワードHD +7.30% 3.0 (4/8)11%増益 今期最終(日経) 7 6279 瑞 光 +6.83% 2.8 (4/5)ストップ高 東証 8 3236 プロパスト +6.38% 0.6   9 7427 エコトレディン +5.66% 4.8 (4/5)通期決算 経常利益 69.3%減 10 4591 リボミック +5.60% 68.1 (4/5)リボミックがストップ高気配 抗体医薬品向け特許出願、『一時金収入に期待』(NQN) 11 3907 シリコンスタシオ +5.34% 8.7 (4/5)1Q決算 経常利益 2.0倍 12 3186 ネクステージ +5.19% 4.3 (4/5)1Q決算 経常利益 46.8%増 13 3941 レンゴー +4.94% 0.1 (4/2)年初来高値更新 東証 14 1921 巴コーポ +4.58% 1.4   15 4274 細谷火 +4.13% 0.8   16 6264 マルマエ +4.10% 0.7 (4/8)現引き停止 開始日 東証 17 7042 アクセスGHD +3.88% 0.3 (4/1)年初来高値更新 東証 18 3350 RED +3.77% 0.3 (4/5)株式併合 10:1 不連続発生日 19 8918 ランド +3.75% 686.7 (4/5)空売り規制対象 東証 20 7868 広済堂 +3.53% 0.1   ビープラッツ(4381)や伊藤米久(2296) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで8日の基準値を下回る水準で約定した。ビープラッツの約定価格は基準値に比べ14.91%安、伊藤米久は同14.37%安だった。また、主要銘柄ではイオン(8267)が基準値を1.34%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <4月8日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4381 ビープラッツ -14.91% 0.1 (4/5)業績下方修正 通期経常利益1.75億円→400万円 2 2296 伊藤米久 -14.37% 0.1 (4/1)適時開示:自社株買いを実施・終了 40万株 3 3776 ブロバンタワ -11.08% 356.2 (4/5)第三者増資(単独) 発表日 4 3209 カネヨウ -7.17% 0.1 (4/5)業績下方修正 通期営業利益1.8億円→8,500万円 5 8890 レーサム -5.55% 0.2 (4/5)業績下方修正 通期営業利益158億円→110億円 6 8704 トレイダーズ -5.33% 0.1 (4/2)空売り規制対象 東証 7 3815 メディ工房 -4.52% 0.4 (4/5)2Q決算 経常利益 58.8%増 8 8923 トーセイ -4.40% 0.2 (4/5)1Q決算 経常利益 28.0%減 9 3996 サインポスト -4.23% 0.5 (4/1)サインポストが続落 前期は一転減益に(NQN) 10 7049 識 学 -3.70% 0.1 (4/2)識学が続伸 M&Aコンサルティング事業を買収(NQN) 11 3454 Fブラザース -3.08% 0.1 (4/5)1Q決算 経常利益 21.2%減 12 1448 スペースVHD -2.86% 0.1   13 7709 クボテック -2.15% 0.1 (4/4)空売り規制対象 東証 14 6731 ピクセラ -2.08% 0.1   15 6723 ルネサス -1.88% 0.3 (4/4)ルネサスが安い SMBC日興が目標下げ『バリュエーションに魅力ない』(NQN) 16 2685 アダストリア -1.80% 1.3 (4/5)アダストリアが一時16%高 今期増益予想『安心感から個人が買い』(NQN) 17 3048 ビックカメラ -1.76% 0.1   18 9973 小僧寿し -1.62% 56.4 (4/5)年初来安値更新 東証 19 4837 シダックス -1.58% 0.1 (4/1)適時開示:当社グループの人事異動および役員体制に関するお知らせ 20 1514 住石HD -1.57% 1.3   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

イオン(8267)は1%高 ビットワンG(2338)は19%安 11日の夜間PTS

15日の株式市場で、三栄建築(3228)やエヌリンクス(6578)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で15日の基準値を大きく上回る水準で約定した。三栄建築の約定価格は基準値に比べ24.33%高、エヌリンクスは同16.48%高だった。また、主要銘柄ではイオン(8267)が基準値を1.12%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <1月15日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3228 三栄建築 +24.33% 0.1 (1/11)1Q決算 経常利益 5.9倍 2 6578 エヌリンクス +16.48% 8.9 (1/11)ストップ高 東証 3 6531 リファインバス +16.01% 0.2 (1/11)リファインVがストップ高買い気配 リサイクル新規事業の開始を好感(NQN)   4 6182 ロゼッタ +14.18% 9.1 (1/11)3Q決算 経常利益 22.4倍 5 3815 メディ工房 +13.31% 1.9 (1/11)1Q決算 経常利益 2.3倍 6 3541 農総研 +11.56% 0.8 (1/11)1Q決算 経常利益 2.1倍 7 3267 フィルカンパニ +9.43% 6.3 (1/11)フィルC、東証1部への変更申請を取り下げ(NQN) 8 7725 インタアクション +8.93% 3.7 (1/11)業績上方修正 通期純利益6.06億円→8.95億円 9 3093 トレファク +8.90% 1.1 (1/11)3Q決算 経常利益 34.1%増 10 8698 マネックスG +7.27% 63.3 (1/11)コインチェック、仮想通貨交換業者の登録が完了(NQN) 11 1419 タマホーム +7.12% 4.9 (1/11)業績上方修正 通期純利益24億円→37億円 12 4570 免疫生物 +5.96% 0.1   13 7776 セルシード +5.57% 6.6 (1/11)適時開示:(訂正)『(開示事項の経過)自己細胞シートによる軟骨再生治療の厚生労働省『先進医療会議』承認のお知らせ』の一部訂正   14 8095 イワキ +5.47% 0.6 (1/11)通期決算 経常利益 12.5%増 15 4394 エクスモーション +4.92% 0.8 (1/11)通期決算 16 2157 コシダカHD +4.32% 5.6 (1/11)1Q決算 経常利益 32.5%増 17 3990 UUUM +3.74% 8.7 (1/15)今期純利益62%増(日経) 18 9702 アイエスビー +3.67% 1.5 (1/11)適時開示:第三者割当による行使価額修正条項付第1回新株予約権に係る行使停止要請通知に関するお知らせ   19 2471 エスプール +3.65% 0.8 (1/11)通期決算 経常利益 46.6%増 20 3469 デュアルタプ +2.67% 19.2 (1/11)ストップ高 東証 ビットワンG(2338)やスター・マイカ(3230) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで15日の基準値を下回る水準で約定した。ビットワンGの約定価格は基準値に比べ19.53%安、スター・マイカは同18.27%安だった。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <1月15日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 2338 ビットワンG -19.53% 49.4 (1/11)業績下方修正 通期最終損益7,500万円→-9.1億円 2 3230 スター・マイカ -18.27% 5.1 (1/11)通期決算 経常利益 8.8%増 3 6668 プラズマ -18.07% 3.1 (1/11)業績下方修正 通期営業利益20.2億円→11億円 4 6044 三機S -15.76% 4.7 (1/11)2Q決算 経常利益 3.7%増 5 3826 システムインテ -14.06% 9.9 (1/11)3Q決算 経常利益 48.4%増 6 3791 IGポート -13.24% 0.1 (1/11)2Q決算 経常利益 -2.8倍 7 3536 アクサスHD -12.50% 10.5 (1/11)1Q決算 経常利益 78.6%減 8 3935 エディア -12.28% 3.3 (1/15)日々公表解除 解除日 東証 9 3454 Fブラザース -11.61% 0.8 (1/11)通期決算 経常利益 53.6%増 10 4397 チームスピリト -10.28% 7.2 (1/11)1Q決算 11 7603 マックハウス -9.94% 0.7 (1/11)業績下方修正 通期営業損益2.2億円→-7.4億円 12 6058 ベクトル -8.42% 6.4 (1/11)3Q決算 経常利益 7.7%増 13 3627 ネオス -6.76% 16.6 (1/11)業績上方修正 通期営業利益4億円→5億円 14 4829 日本エンタ -6.39% 0.2 (1/11)2Q決算 経常利益 13.5%減 15 7035 anfac -5.45% 0.9 (1/11)1Q決算 16 3922 PRTIMES -5.41% 0.1 (1/10)3Q決算 経常利益 35.4%増 17 4572 カルナバイオ -5.13% 0.1   18 6753 シャープ -4.96% 2.5 (1/11)シャープが高い モルガンMUFGが投資判断引き上げ『今後の株価下落は限定的』(NQN)   19 8200 リンガハット -4.64% 0.1 (1/11)3Q決算 経常利益 22.4%減 20 3198 SFP -4.56% 0.5 (1/11)業績下方修正 通期営業利益35.5億円→28.5億円 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

持ち合い株の縮減に期待 「市場活性化に効果」が7割 QUICK月次調査<株式>

QUICKがまとめた6月の月次調査<株式>によると、株式市場関係者は持ち合い株の削減などコーポレートガバナンス・コード(企業統治指針)の改定が株式市場の活性化に効果をもたらすと概ね期待を寄せていることが分かった。調査期間は6月5~7日。証券会社および機関投資家の株式担当者154人が回答した。 ※QUICKでは株式や債券、外為部門などの市場関係者を対象に毎月、足元の景気や相場動向についてアンケートを実施。結果を「QUICK月次調査」として各部門ごとに公表している。 東京証券取引所は1日、コーポレートガバナンス・コードの改定版を発表した。改定は株式市場の活性化に効果があるのか、株式の市場関係者に聞いた。取引先などと株式を持ち合う政策保有株の縮減については、「効果がある」が20%で「やや効果がある」の56%を合わせると7割超に達し、期待が高かった。ただ、「効果なし」の回答も20%あり、懐疑的にみている側面も浮き彫りになった。 政策保有株の縮減を阻む最大の要因については、「取引関係への影響」が34%と最も多く、次いで「経営者の保身や実質的な買収防衛策」が22%、「日本的経営慣行」が21%と続いた。 改訂を受けてユニー・ファミリーマートホールディングス(8028)や、イオン(8267)など2月期決算企業の一部には持ち合い株を削減する動きもみられる。 また、取締役会の実効性を高めるには何が最も必要かを聞いたところ、「取締役・取締役会評価の厳格化」(40%)との指摘が目立った。「社外取締役に占める企業経営経験者の比率を高める」が18%、「社外取締役の比率を高める」が13%と続いた一方、「女性や外国人など取締役の多様化」を挙げる声は9%にとどまった。 ※「QUICK月次調査<株式>」はヒストリカルデータも含めて、QUICKの情報端末からダウンロードできます。

レナウン(3606)は16%高 イワキ(8095)は14%安 11日の夜間PTS

12日の株式市場で、レナウン(3606)や太洋工業(6663)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で12日の基準値を大きく上回る水準で約定した。レナウンの約定価格は基準値に比べ16.67%高、太洋工業は同14.62%高だった。また、主要銘柄ではイオン(8267)が基準値を2.35%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> イワキ(8095)やサイゼリヤ(7581)も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで12日の基準値を大きく下回る水準で約定した。イワキの約定価格は基準値に比べ14.35%安、サイゼリヤは同11.11%安だった。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

カルナバイオ(4572)が24%高 ニチダイ(6467)は20%安 27日の夜間PTS

28日の株式市場で、カルナバイオ(4572)やセルシード(7776)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で28日の基準値を大きく上回る水準で約定した。カルナバイオの約定価格は基準値に比べ24.69%高、セルシードは同19.06%高だった。日経平均株価の採用銘柄ではアサヒ(2502)が3.31%高だった。   <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄>   一方、ニチダイ(6467)やハピネス&D(3174)も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で28日の基準値を大きく下回る水準で約定した。ニチダイの約定価格は基準値に比べ20.03%安、ハピネス&Dは同13.46%安だった。   <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP