JDI(6740)が20%高、アンジェス(4563)は8%安 27日の夜間PTS

28日の株式市場で、JDI(6740)や有沢製(5208)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で28日の基準値を大きく上回る水準で約定した。JDIの約定価格は基準値に比べ20.97%高、有沢製は同8.37%高だった。また、主要銘柄ではNTN(6472)が基準値を1.45%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <8月28日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6740 JDI +20.97% 9.9 (8/28)中国側取締役の選任見送り 9月臨時総会で(日経) 2 5208 有沢製 +8.37% 1.8 (8/27)業績下方修正 通期純利益27.5億円→13.5億円 3 2342 トランス +7.40% 0.1   4 4243 ニックス +6.38% 2.8 (8/27)ストップ高 東証 5 8918 ランド +5.00% 20.7 (8/22)業績修正 新規予想 半期営業利益2.6億円(前期比71.0%減) 6 2776 新都HD +4.84% 113.5 (8/27)適時開示:広東省紡織品進出口股フン有限公司との業務提携に関する戦略的パートナーシップ協議書締結のお知らせ 7 4718 早稲アカ +4.40% 0.1 (8/27)適時開示:立会外分売を終了 8 8585 オリコ +4.25% 4.1 (8/27)年初来高値更新 東証 9 7707 PSS +3.70% 0.1   10 2395 新日科学 +3.60% 0.1   11 6835 アライドHD +3.19% 12.0   12 7867 タカラトミー +3.07% 2.0   13 3250 ADワークス +2.81% 0.1 (8/27)新規売り停止解除 解除日 東証 14 3906 ALBERT +2.81% 0.2 (8/27)適時開示:株式会社ABEJAとの業務提携基本合意書締結及びAI・画像認識サービス『タクミノメ』機能の『ABEJA Platform』への搭載に関するお知らせ 15 3772 ウェルス +2.59% 0.3 (8/27)適時開示:株主優待制度実施に関するお知らせ 16 8107 キムラタン +2.42% 14.2 (8/27)第三者増資(単独) 発表日 17 3793 ドリコム +2.40% 0.1   18 3498 霞ヶ関キャ +2.31% 0.1 (8/27)配当修正 30円(2019/08) 19 2375 ギグワークス +2.26% 0.2   20 8929 青山財産 +2.25% 0.1   アンジェス(4563)やアジア開発(9318) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで28日の基準値を下回る水準で約定した。アンジェスの約定価格は基準値に比べ8.72%安、アジア開発は同7.14%安だった。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <8月28日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 9404 日テレHD -13.50% 0.1   2 4563 アンジェス -8.72% 608.4 (8/27)アンジェスがストップ安 『コラテジェン』の公定価格報道に失望感(NQN) 3 9318 アジア開発 -7.14% 74.5 (8/27)空売り規制対象 東証 4 7590 タカショー -6.62% 3.9 (8/27)2Q決算 経常利益 5.2%増 5 3077 ホリイフード -5.84% 0.1   6 2686 ジーフット -4.70% 0.2   7 8894 原弘産 -4.17% 3.3   8 9973 小僧寿し -4.00% 87.3 (8/27)第三者増資 発表日 9 3823 アクロディア -3.65% 0.2   10 4593 ヘリオス -3.37% 0.1   11 8704 トレイダーズ -3.23% 0.5   12 3803 イメージINF -3.09% 0.5 (8/27)適時開示:主要株主の異動に関するお知らせ 13 8841 テーオーシー -2.58% 0.2   14 6033 エクストリーム -2.12% 0.2   15 5704 JMC -2.03% 0.6   16 4800 オリコン -1.83% 0.1 (8/23)目標株価上げ 東海東京調査センター 1,460円 → 2,095円 17 3727 APLIX -1.81% 0.8 (8/28)日々公表解除 解除日 東証 18 9832 オートバクス -1.80% 0.2   19 4657 環境管理 -1.79% 0.7   20 6775 TBグループ -1.61% 0.4   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

アイフル(8515)は10%高 JDI(6740)は22%安 9日の夜間PTS

13日の株式市場で、マジェスティ(7834)や明和産(8103)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で13日の基準値を大きく上回る水準で約定した。マジェスティの約定価格は基準値に比べ36.23%高、明和産は同22.66%高だった。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <8月13日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 7834 マジェスティ +36.23% 32.8 (8/13)TOB(買付対象) 買付開始日 2 8103 明和産 +22.66% 0.6 (8/9)1Q決算 経常利益 16.8%減 3 6175 ネットマーケ +18.59% 0.4 (8/9)通期決算 経常利益 26.0%減 4 4664 RSC +17.01% 0.8 (8/9)業績上方修正 通期純利益4,300万円→7,800万円 5 1382 ホーブ +15.66% 4.1 (8/9)ストップ高 東証 6 7047 ポート +15.43% 1.6 (8/13)自社株買い(買付) 買付開始日 7 4442 バルテス +14.74% 4.0 (8/9)業績上方修正 通期営業利益2.17億円→2.77億円 8 2162 nms HD +14.67% 0.2 (8/9)1Q決算 経常利益 52.7%減 9 6552 GameWith +13.65% 3.5 (8/9)東証、マザーズのゲームウィズを1部に変更 8月16日付(NQN) 10 7927 ムトー精工 +12.84% 0.3 (8/9)1Q決算 経常利益 27.0%増 11 6662 ユビテック +12.37% 0.5 (8/9)通期決算 経常利益 0.8%減 12 9450 ファイバーGT +11.56% 2.4 (8/9)通期決算 経常利益 73.7%増 13 6092 エンバイオHD +10.74% 1.1 (8/9)業績上方修正 通期純利益3.45億円→5.23億円 14 8515 アイフル +10.45% 30.9 (8/9)1Q決算 経常利益 77.3%増 15 2763 エフティG +9.83% 0.3 (8/9)エフティが後場上昇に転じる 4〜6月期純利益13%増 高進捗率を好感(NQN) 16 6625 JALCO HD +9.80% 14.0 (8/9)業績上方修正 半期営業利益3.8億円→4.71億円 17 6071 IBJ +9.76% 2.8 (8/9)2Q決算 経常利益 68.6%増 18 6624 田淵電 +9.41% 6.6 (8/9)業績上方修正 通期経常利益1億円→2億円 19 5922 那須鉄 +8.92% 0.2 (8/9)ストップ高 東証 20 3756 豆 蔵 +8.84% 4.2 (8/9)1Q決算 経常利益 2.2倍 JDI(6740)や翻訳センター(2483) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで13日の基準値を下回る水準で約定した。JDIの約定価格は基準値に比べ22.86%安、翻訳センターは同19.94%安だった。また、主要銘柄では清水建(1803)が基準値を11.42%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <8月13日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6740 JDI -22.86% 1393.8 (8/9)Jディスプレ社長、下期増収見通し『非モバイル製品で顧客採用』(NQN) 2 2483 翻訳センター -19.94% 10.1 (8/9)1Q決算 経常利益 47.1%減 3 6067 インパクト -19.67% 16.3 (8/13)現引き停止 開始日 東証 4 7042 アクセスGHD -19.27% 9.8 (8/9)業績下方修正 通期純利益1.2億円→1,500万円 5 9467 アルファポリス -17.07% 2.9 (8/9)1Q決算 経常利益 4.9%増 6 3040 ソリトン -16.88% 0.1 (8/9)2Q決算 経常利益 39.4%減 7 6698 ViSCOTEC -15.67% 1.0 (8/9)1Q決算 経常利益 -2.1倍 8 6568 神戸天然 -15.14% 3.4 (8/9)1Q決算 経常利益 99.7%減 9 4428 シノプス -14.29% 1.9 (8/9)2Q決算 10 4323 日シス技術 -13.92% 0.3 (8/9)1Q決算 経常利益 -3.8倍 11 4725 CACHD -13.52% 5.0 (8/9)2Q決算 経常利益 69.8%増 12 4586 メドレックス -13.42% 53.5 (8/9)2Q決算 経常利益 50.3%減 13 2170 LINK&M -12.65% 14.8 (8/9)業績修正 新規予想 通期営業利益18.8億円(前期比50.8%減) 14 3611 マツオカ -11.89% 0.8 (8/9)1Q決算 経常利益 62.8%減 15 6554 エスユーエス -11.53% 4.2 (8/9)3Q決算 経常利益 2.6%減 16 7043 アルー -11.48% 1.2 (8/9)2Q決算 17 1803 清水建 -11.42% 0.1 (8/7)自社株買い(買付) 発表日 18 4814 ネクストウェア -11.24% 15.5 (8/9)1Q決算 経常利益 -2.9倍 19 3917 アイリッジ -10.71% 0.8 (8/9)1Q決算 20 5704 JMC -10.16% 15.9 (8/9)2Q決算 経常利益 82.2%増 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

カルナバイオ(4572)46%高、JDI(6740)は8%高 27日の夜間PTS

28日の株式市場で、カルナバイオ(4572)や田岡化(4113)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で28日の基準値を大きく上回る水準で約定した。カルナバイオの約定価格は基準値に比べ46.21%高、田岡化は同20.03%高だった。また、主要銘柄ではNEC(6701)が基準値を2.22%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <6月28日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4572 カルナバイオ +46.21% 120.4 (6/28)値幅制限上方拡大 適用日 東証 2 4113 田岡化 +20.03% 7.8 (6/27)ストップ高 東証 3 7624 NaITO +11.61% 29.7 (6/27)1Q決算 経常利益 63.2%増 4 2792 ハニーズHLD +9.20% 10.9 (6/27)業績上方修正 通期純利益20.5億円→31.79億円 5 3377 バイク王 +8.59% 22.6 (6/27)業績上方修正 通期営業利益7,000万円→1.3億円 6 6740 JDI +8.31% 489.8 (6/28)中国ファンドが522億円支援 再建なお流動的(各紙) 7 3482 ロードスター +7.08% 0.2   8 2730 エディオン +6.04% 0.7 (6/27)自社株買い(枠設定) 発表日 9 2354 YE DIGIT +6.03% 5.5 (6/27)1Q決算 経常利益 2.1倍 10 4406 日理化 +5.29% 0.3 (6/27)自社株消却(単独) 発表日 11 6027 弁護士コム +5.05% 0.3   12 8105 堀田丸正 +4.94% 8.3 (6/27)適時開示:特別利益計上に関するお知らせ 13 3386 コスモ・バイオ +4.06% 0.4 (6/21)ストップ高 東証 14 2144 やまねM +4.02% 0.2 (6/27)適時開示:支配株主等に関する事項について 15 3563 スシローGHD +3.83% 0.1 (6/28)売出・処分 申込終了日 16 5612 鋳鉄管 +3.67% 16.1 (6/27)ストップ高 東証 17 7246 プレス工 +3.54% 0.2 (6/28)自社株買い(買付) 買付開始日 18 2351 ASJ +3.14% 1.6   19 6701 NEC +2.22% 2.1 (6/25)株価レーティング上げ 東海東京調査センター Neutral → Outperform 20 6890 フェローテック +2.16% 0.4 (6/27)適時開示:組織変更並びに人事異動に関するお知らせ フルッタフルッタ(2586)やオンキヨー(6628) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで28日の基準値を下回る水準で約定した。フルッタフルッタの約定価格は基準値に比べ11.83%安、オンキヨーは同7.76%安だった。また、主要銘柄ではNTN(6472)が基準値を2.72%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <6月28日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 2586 フルッタフルッタ -11.83% 43.7 (6/27)信用銘柄取消 選定取消日 東証 2 6628 オンキヨー -7.76% 1424.1 (6/27)適時開示:(開示事項の経過・変更)子会社の異動を伴う株式譲渡及び子会社の一部事業譲渡にかかる契約締結に関するお知らせ 3 3566 ユニネク -6.35% 0.1 (6/26)年初来高値更新 東証 4 6721 ウインテスト -4.50% 0.3   5 2338 ビットワンG -3.96% 9.1 (6/27)空売り規制対象 東証 6 8918 ランド -3.75% 4.4 (6/27)空売り規制対象 東証 7 1711 省電舎HD -3.55% 0.5 (6/27)適時開示:財務報告に係る内部統制の開示すべき重要な不備に関するお知らせ 8 4996 クミアイ化 -3.54% 0.7 (6/24)株価レーティング設定 いちよし経済研究所 A 9 4399 くふう -3.40% 0.1 (6/26)年初来安値更新 東証 10 4382 HEROZ -3.01% 0.1   11 6888 アクモス -2.96% 1.1   12 9318 アジア開発 -2.86% 17.0 (6/27)空売り規制対象 東証 13 6472 NTN -2.72% 0.1 (6/25)適時開示:代表者の異動および役員人事に関するお知らせ 14 4586 メドレックス -2.70% 12.0 (6/28)国内私募CB 償還日 15 3825 REMIX -2.51% 82.8 (6/27)適時開示:新経営体制発足に関するお知らせ 16 4594 ブライトパス -2.32% 0.7   17 9704 アゴーラHG -2.29% 3.3   18 6777 santec -2.24% 0.1   19 4395 アクリート -2.21% 0.1   20 3919 パイプドH -2.11% 0.1   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

野村HD(8604)が9%高、JDI(6740)が4%高 18日の夜間PTS

19日の株式市場で、不動テトラ(1813)やカイオム(4583)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で19日の基準値を大きく上回る水準で約定した。不動テトラの約定価格は基準値に比べ15.71%高、カイオムは同6.72%高だった。また、主要銘柄では野村HD(8604)が基準値を9.72%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <6月19日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 9678 カナモト +18.69% 0.4   2 6072 地盤ネットH +17.13% 40.1   3 8214 AOKI HD +17.07% 0.1   4 1813 不動テトラ +15.71% 1.8 (6/18)年初来安値更新 東証 5 4707 キタック +12.95% 19.2   6 1871 PS三菱 +9.93% 0.2   7 8604 野村HD +9.72% 88.1 (6/19)総会前週に人事案撤回 反対表明の株主に配慮(日経) 8 4651 サニックス +7.62% 1.4   9 1893 五洋建 +7.17% 2.8   10 4583 カイオム +6.72% 125.6 (6/18)適時開示:富士レビオ株式会社との知的財産の実施に関する契約締結に関するお知らせ 11 1448 スペースVHD +6.40% 2.5   12 4784 GMO-AP +6.08% 0.1   13 8894 原弘産 +6.00% 6.3 (6/14)空売り規制対象 東証 14 3992 ニーズウェル +5.81% 6.4 (6/18)適時開示:AIビジネスの本格的な取組み開始とAIグループ新設のお知らせ 15 6356 日ギア +5.75% 0.2 (6/19)所属部変更(東1) 変更日 東証 16 4356 応用技術 +5.67% 1.2 (6/17)日々公表解除 解除日 東証 17 3680 ホットリンク +5.26% 0.2   18 6740 JDI +4.91% 97.1 (6/19)米アップルが支援検討(ウォール・ストリート・ジャーナル電子版) 19 3692 FFRI +4.62% 0.4 (6/18)適時開示:東京海上日動とFFRIによるサイバー・セキュリティ効率化に向けた共同研究契約締結に関するお知らせ 20 7709 クボテック +4.59% 27.1 (6/18)ストップ高 東証 ビジョナリー(9263)やダイドリミ(3205) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで19日の基準値を下回る水準で約定した。ビジョナリーの約定価格は基準値に比べ12.28%安、ダイドリミは同6.27%安だった。また、主要銘柄では大和ハウス(1925)が基準値を1.12%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <6月19日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 9263 ビジョナリー -12.28% 1105.7 (6/18)通期決算 経常利益 45.1%増 2 3205 ダイドリミ -6.27% 6.0 (6/18)適時開示:株主優待制度の一部変更に関するお知らせ 3 8918 ランド -6.25% 48.5 (6/18)空売り規制対象 東証 4 9828 元気寿司 -6.01% 0.6 (6/19)スシローGHと元気寿司、経営統合を白紙に(各紙) 5 4438 Welby -5.32% 0.4 (6/18)空売り規制対象 東証 6 7236 ティラド -4.92% 0.5 (6/19)自社株買い(買付) 買付開始日 7 3563 スシローGHD -4.45% 0.1 (6/19)スシローGHと元気寿司、経営統合を白紙に(各紙) 8 3671 ソフトマックス -2.70% 0.1 (6/14)年初来高値更新 東証 9 9704 アゴーラHG -2.50% 2.6   10 8462 フューチャーVC -2.40% 0.1   11 8925 アルデプロ -2.29% 1.0 (6/18)適時開示:(開示事項の経過)第8回新株予約権の取得および消却の完了に関するお知らせ 12 3053 ペッパー -2.07% 0.4 (6/17)ペッパーが続落 ナスダック上場廃止、米事業不振を改めて嫌気(NQN) 13 7647 音 通 -1.79% 4.1   14 6387 サムコ -1.68% 0.1 (6/12)3Q決算 経常利益 45.0%増 15 2491 Vコマース -1.52% 0.1   16 6775 TBグループ -1.45% 8.2 (6/18)年初来高値更新 東証 17 4978 リプロセル -1.32% 0.1 (6/17)適時開示:AMEDプロジェクト『再生医療の産業化に向けた細胞製造・加工システムの開発』の2018年度交付額確定に関するお知らせ 18 3672 オルトプラス -1.32% 0.1   19 6049 イトクロ -1.31% 0.1 (6/18)年初来安値更新 東証 20 4837 シダックス -1.27% 0.2 (6/18)年初来安値更新 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

JDI(6740)は30%高 千代建(6366)は1%安 30日の夜間PTS

31日の株式市場で、JDI(6740)やFRACTALE(3750)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で31日の基準値を大きく上回る水準で約定した。JDIの約定価格は基準値に比べ30.00%高、FRACTALEは同18.45%高だった。また、主要銘柄では三菱自(7211)が基準値を5.07%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <5月31日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6740 JDI +30.00% 657.9 (5/31)Jディスプレに官民ファンドが追加支援 台中連合、出資へ前進(各紙)   2 3750 FRACTALE +18.45% 18.0 (5/30)ストップ高 東証 3 6942 ソフィアHD +15.51% 11.5 (5/30)ストップ高 東証 4 6628 オンキヨー +14.29% 811.5 (5/30)適時開示:公認会計士等の異動に関するお知らせ 5 5724 アサカ理研 +10.96% 10.1 (5/30)ストップ高 東証 6 6195 ホープ +7.94% 22.6 (5/31)日々公表開始 開始日 東証 7 2437 シンワワイズ +5.56% 0.6 (5/30)適時開示:孫会社株式譲渡に伴う特別利益計上に関するお知らせ   8 7211 三菱自 +5.07% 0.1 (5/30)月次売上高 2019/04 グローバル生産車数 101,907台 9 3244 サムティ +4.47% 5.3 (5/30)サムティ、大和と資本業務提携 アジア展開など強化(NQN)   10 8068 菱洋エレク +4.46% 0.8 (5/31)純利益37%増 2〜4月(日経) 11 3356 テリロジー +4.39% 8.3 (5/30)配当修正 5円(2020/03) 12 4528 小野薬 +3.92% 3.9 (5/31)本庶佑京大特別教授『特許料増額、再提示を』 小野薬に要求、交渉拒否なら訴訟も(日経)   13 3010 価値開発 +3.73% 0.4 (5/30)空売り規制対象 東証 14 4080 田中化研 +3.23% 0.2   15 5704 JMC +3.20% 14.9 (5/30)適時開示:『中期経営計画 2019-2021年』の策定に関するお知らせ   16 8893 新日建物 +3.20% 1.9   17 9973 小僧寿し +2.86% 1.7 (5/30)空売り規制対象 東証 18 6232 ACSL +2.84% 0.2   19 2134 サンキャピタル +2.68% 1.0   20 6723 ルネサス +2.57% 0.4 (5/29)株価レーティング上げ ゴールドマン・サックス証券 中立 → 買い推奨 クレオ(9698)やサイバネット(4312) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで31日の基準値を下回る水準で約定した。クレオの約定価格は基準値に比べ18.29%安、サイバネットは同3.90%安だった。また、主要銘柄では千代建(6366)が基準値を1.56%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <5月31日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 9698 クレオ -18.29% 0.2 (5/24)年初来高値更新 東証 2 3672 オルトプラス -8.51% 0.1   3 7939 研 創 -5.99% 0.1   4 6658 シライ電子 -5.17% 0.2   5 8202 ラオックス -4.93% 0.5   6 4312 サイバネット -3.90% 0.1 (5/23)適時開示:海外子会社間の新設合併に関するお知らせ 7 6630 ヤーマン -3.70% 0.1 (5/28)年初来安値更新 東証 8 7640 トップカルチャ -3.27% 0.2 (5/29)業績上方修正 通期純利益4,800万円→3.28億円 9 3474 G-FAC -3.08% 0.2   10 8892 日本エスコン -2.92% 0.2   11 9424 日本通信 -2.88% 317.7 (5/30)貸株注意喚起 解除日 東証 12 3656 KLab -2.81% 55.7 (5/30)KLabが大幅安 岡三が投資判断下げ、来期の利益回復緩やか(NQN)   13 6624 田淵電 -2.80% 1.0 (5/27)株式交換(子会社) 発表日 14 2927 AFC-HD -2.80% 0.1   15 3667 enish -2.76% 1.0   16 2397 DNAチップ -2.65% 1.0 (5/29)ストップ高 東証 17 9878 セキド -2.46% 6.1 (5/30)空売り規制対象 東証 18 2586 フルッタフルッタ -2.30% 6.1 (5/30)ストップ高 東証 19 7412 アトム -2.30% 0.1   20 3928 マイネット -2.22% 0.1 (5/30)適時開示:スマートフォンゲーム『未来家系図 つぐme』の運営・配信に関して   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

JDI(6740)は11%高 スズキ(7269)は4%安 12日の夜間PTS

15日の株式市場で、レッグス(4286)やJDI(6740)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で15日の基準値を大きく上回る水準で約定した。レッグスの約定価格は基準値に比べ19.15%高、JDIは同11.39%高だった。また、主要銘柄ではSUMCO(3436)が基準値を1.81%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <4月15日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4286 レッグス +19.15% 0.4 (4/8)年初来高値更新 東証 2 6740 JDI +11.39% 614.9 (4/13)800億円受け入れ 台中連合出資、筆頭株主に(各紙) 3 7673 ダイコー通 +10.15% 0.9 (4/12)業績上方修正 通期経常利益6.01億円→6.86億円 4 9903 カンセキ +9.96% 0.1 (4/12)通期決算 経常利益 53.2%増 5 2176 イナリサーチ +9.94% 2.0   6 8095 イワキ +9.83% 4.7 (4/12)1Q決算 経常利益 5.8倍 7 6064 アクトコール +9.49% 9.5 (4/12)1Q決算 経常利益 7.8倍 8 6182 ロゼッタ +9.20% 10.1 (4/12)通期決算 経常利益 26.1倍 9 7030 スプリックス +9.05% 0.1 (4/10)貸株注意喚起 開始日 東証 10 6489 前沢工 +8.76% 1.1 (4/12)3Q決算 経常利益 89.8%増 11 3674 オークファン +7.38% 0.2   12 6096 レアジョブ +6.92% 3.3 (4/12)レアジョブが大幅高 株式分割・オフライン事業拡大期待で(NQN) 13 1434 JESCO HD +6.83% 2.6 (4/12)2Q決算 経常利益 18.3倍 14 3983 オ ロ +6.63% 0.5 (4/12)配当修正 7.5円(2019/12) 15 4594 ブライトパス +6.15% 2.9   16 7519 五洋インテ +6.02% 0.1 (4/12)適時開示:株式会社新東京グループとの業務提携に関するお知らせ 17 4585 UMNファーマ +5.98% 41.9 (4/12)ストップ高 東証 18 4576 DWTI +5.85% 15.3 (4/12)適時開示:『H-1337』の肺高血圧症に関する共同研究成果の発表のお知らせ 19 9973 小僧寿し +5.14% 0.5 (4/11)適時開示:第三者割当により発行される第5回新株予約権 (行使価額修正条項付き)の払込完了に関するお知らせ 20 8925 アルデプロ +4.75% 0.9 (4/5)適時開示:販売用不動産の売却契約締結に関するお知らせ 一方、三機S(6044)やラピーヌ(8143) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで15日の基準値を下回る水準で約定した。三機Sの約定価格は基準値に比べ18.35%安、ラピーヌは同17.16%安だった。また、主要銘柄ではスズキ(7269)が基準値を4.22%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <4月15日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 3377 バイク王 -27.62% 0.4   2 6044 三機S -18.35% 14.7 (4/12)3Q決算 経常利益 20.0%減 3 8143 ラピーヌ -17.16% 0.1 (4/12)通期決算 経常利益 -4.8倍 4 6047 Gunosy -14.62% 38.3 (4/12)業績下方修正 通期経常利益27.22億円→20.81億円 5 2379 ディップ -13.39% 19.9 (4/12)通期決算 経常利益 16.5%増 6 3267 フィルカンパニ -11.83% 8.5 (4/12)1Q決算 経常利益 99.0%減 7 6558 クックビズ -10.73% 0.2 (4/12)1Q決算 経常利益 -4.9倍 8 7608 エスケイ -9.84% 11.2 (4/12)通期決算 経常利益 2.4倍 9 4429 リックソフト -9.69% 1.7 (4/12)通期決算 経常利益 3.0倍 10 3935 エディア -9.29% 1.7 (4/12)通期決算 11 8918 ランド -8.89% 67.9 (4/12)空売り規制対象 東証 12 6634 ネクスG -8.44% 0.7 (4/12)1Q決算 経常利益 -2.2倍 13 6668 プラズマ -8.40% 1.8 (4/12)2Q決算 経常利益 45.9%減 14 3851 日本一S -8.32% 18.0   15 6578 エヌリンクス -8.07% 51.6 (4/12)ストップ安 東証 16 3080 ジェーソン -8.05% 0.9 (4/12)通期決算 経常利益 16.9%増 17 7599 IDOM -7.96% 13.4 (4/12)通期決算 経常利益 63.6%減 18 3541 農総研 -6.46% 3.6 (4/12)2Q決算 経常利益 50.9%増 19 9270 SOU -5.82% 0.3 (4/12)2Q決算 経常利益 2.1%減 20 9969 ショクブン -5.81% 0.1   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

JDI(6740)3%高 FJネクスト(8935)は14%高 3日の夜間PTS

4日の株式市場で、FJ ネクスト(8935)やカルナバイオ(4572)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で4日の基準値を大きく上回る水準で約定した。FJ ネクストの約定価格は基準値に比べ14.27%高、カルナバイオは同11.12%高だった。また、主要銘柄ではリコー(7752)が基準値を2.15%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <4月4日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 4286 レッグス +15.77% 1.1   2 8935 FJ ネクスト +14.27% 5.9 (4/4)39%増益 前期最終予想を上方修正(日経) 3 4572 カルナバイオ +11.12% 0.6 (3/29)適時開示:CDC7キナーゼ阻害薬に係る韓国における特許登録のお知らせ 4 3760 ケイブ +8.48% 0.1   5 1400 ルーデン +7.84% 0.1 (4/1)適時開示:その他の関係会社の異動に関するお知らせ 6 6494 NFK-HD +7.69% 4.8   7 2438 アスカネット +6.92% 1.0 (4/4)貸株注意喚起 開始日 東証 8 4424 Amazia +5.45% 9.3 (4/3)ストップ高 東証 9 2341 アルバイトタイ +5.08% 0.1   10 1433 ベステラ +4.64% 0.1   11 3680 ホットリンク +4.07% 0.3   12 4596 窪田製薬 +3.89% 63.0 (4/3)空売り規制対象 東証 13 8202 ラオックス +3.88% 0.4   14 6740 JDI +3.45% 1295.7 (4/4)台中勢傘下に 『日の丸液晶』が頓挫(日経) 15 6575 HUMANAHD +3.42% 1.1 (4/3)年初来高値更新 東証 16 3350 RED +3.33% 6.7 (4/3)年初来安値更新 東証 17 3825 REMIX +3.24% 33.8 (4/2)ストップ高 東証 18 3858 ユビキタスAI +3.22% 0.2   19 2667 イメージワン +3.19% 0.5   20 6034 MRT +3.14% 0.1   一方、ランド(8918)やコロプラ(3668) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで4日の基準値を下回る水準で約定した。ランドの約定価格は基準値に比べ8.89%安、コロプラは同7.46%安だった。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <4月4日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 8287 MV西日本 -23.24% 0.1   2 7512 イオン北海 -19.68% 0.1   3 3154 メディアスHD -9.68% 0.1   4 8918 ランド -8.89% 1937.0 (4/3)業績下方修正 通期純利益20億円→4.2億円 5 4080 田中化研 -7.84% 0.1   6 3668 コロプラ -7.46% 0.1 (3/29)貸株注意喚起取消 解除日 東証 7 9318 アジア開発 -6.25% 12.9 (4/3)空売り規制対象 東証 8 9475 昭文社 -5.65% 0.1 (4/3)年初来安値更新 東証 9 7594 マルカ -5.46% 1.3 (4/3)1Q決算 経常利益 4.3%減 10 1757 クレアHD -4.71% 0.1 (4/3)年初来安値更新 東証 11 6199 セラク -4.04% 0.1 (3/29)適時開示:連結子会社の増資(特定子会社化)に関するお知らせ 12 2471 エスプール -3.57% 2.9 (4/3)1Q決算 経常利益 24.9%増 13 2412 ベネ・ワン -3.54% 0.3 (4/3)年初来高値更新 東証 14 3469 デュアルタプ -3.34% 0.2   15 8894 原弘産 -3.00% 0.2 (4/3)空売り規制対象 東証 16 2330 フォーサイド -2.86% 0.1   17 3547 串カツ田中 -2.57% 0.2 (4/3)月次売上高 2019/03 全店売上高 140% 18 9827 リリカラ -2.39% 0.4   19 3807 フィスコ -2.22% 3.0 (4/2)年初来高値更新 東証 20 8107 キムラタン -2.14% 1.0 (4/2)年初来高値更新 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

業績見通し悪化止まらず 2月コンセンサスDI▲32 製造業は7年ぶり低水準

企業業績見通しの悪化に歯止めがかからない。アナリストによる主要企業の業績予想の変化を示すQUICKコンセンサスDI(2月末)は、金融を含む全産業ベースでマイナス32と、前月(マイナス27)から5ポイント悪化した。6カ月連続の悪化で、2016年7月(マイナス34)以来の低水準となった。内訳は「強気」が32銘柄(全体の9%)、「変化なし」が180銘柄、「弱気」が149銘柄(全体の41%)だった。製造業に注目すると、2月のコンセンサスDIはマイナス51と前月から16ポイントの大幅な悪化、2011年12月(マイナス59)以来の低水準となった。 QUICKコンセンサスDIは、アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出する。DIがマイナスなら、下方修正銘柄が上方修正を上回っていることを意味している。5社以上のアナリストが予想している銘柄が対象で、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかが分かる 業種別でみると算出対象の16業種のうち、DIがマイナスだったのは12業種。「鉄鋼」が前月の0(ゼロ)からマイナス40へ低下しているほか、「食料品」が32ポイント、「電機」が26ポイントと悪化した。一方、プラスは2業種で「その他金融」が25ポイント、「情報・通信」が22ポイントと上昇した。変わらずは2業種だった。 個別銘柄では、下方修正率が最も大きいのはジャパンディスプレイ(JDI、6740)だった。2月14日に発表した18年4~12月期決算で、18年11月12日に発表した通期の売上高(前期比5~15%増)や営業利益率(営業利益率1~2%)の予想をそれぞれ約10%減、営業損失200億円超へ大幅な下方修正した。年度後半に売上高や利益の増加を想定していたが、中国の景気減速やスマートフォン市場における全体的な不振に見舞われた模様だ。 一方、協和発酵キリン(協和キリン、4151)は予想純利益が11月末の453億6300万円から657億7800万円へ引き上げられ、上方修正率のトップになった。2月5日に発表した18年12月期決算で、19年12月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比25%増の680億円になりそうだと公表した。協和発酵バイオの株式譲渡などが利益を押し上げる。 (ナレッジ開発本部)

日本通信(9424)は27%高 JDI(6740)3%安 24日の夜間PTS

25日の株式市場で、日本通信(9424)やデュアルタプ(3469)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で25日の基準値を大きく上回る水準で約定した。日本通信の約定価格は基準値に比べ27.73%高、デュアルタプは同19.34%高だった。また、主要銘柄では王子HD(3861)が基準値を8.79%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <1月25日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 9424 日本通信 +27.73% 72.0 (1/24)適時開示:日本通信、金融庁の結果公表を受けFinTech実証実験の概要および結果を公開 〜インターネット金融取引、世界最高の安全性を実現〜   2 6300 アピクヤマダ +22.19% 0.1   3 3469 デュアルタプ +19.34% 68.0 (1/24)信用規制開始 開始日 東証 4 8703 KABU.COM +17.32% 19.6 (1/25)現引き停止 開始日 東証 5 3966 ユーザベース +14.51% 6.3 (1/24)業績上方修正 通期経常利益3.5億円→5億円 6 3997 トレードワクス +14.41% 15.8 (1/24)ストップ高 東証 7 3182 オイラ大地 +13.15% 5.2 (1/24)業績上方修正 通期純利益15億円→23億円 8 7777 3Dマトリックス +10.07% 29.6 (1/24)適時開示:吸収性局所止血材『PuraStat』のカナダにおける医療機器製品登録承認取得についてのお知らせ   9 3861 王子HD +8.79% 0.1   10 8946 エイシアンスター +8.21% 0.4 (1/18)日々公表解除 解除日 東証 11 9318 アジア開発 +7.14% 294.2 (1/24)空売り規制対象 東証 12 6048 デザインワン +6.38% 0.3   13 2337 いちご +6.11% 0.1 (1/18)目標株価上げ SMBC日興証券 410円 → 420円 14 9969 ショクブン +5.76% 20.9 (1/24)ストップ高 東証 15 3969 エイトレッド +5.68% 3.0 (1/24)業績上方修正 通期経常利益3.6億円→4.2億円 16 6890 フェローテック +4.79% 1.1 (1/24)適時開示:和解による訴訟解決に関するお知らせ 17 6327 北川精機 +4.59% 8.7 (1/24)ストップ高 東証 18 8925 アルデプロ +4.35% 0.6   19 4837 シダックス +3.92% 3.0 (1/24)適時開示:株主優待制度の変更に関するお知らせ 20 6425 ユニバーサル +3.70% 0.2 (1/24)適時開示:中旅集団上海中僑国際旅行社有限公司との基本合意書締結について   ランド(8918)やJDI(6740) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで25日の基準値を下回る水準で約定した。ランドの約定価格は基準値に比べ5.56%安、JDIは同3.56%安だった。また、主要銘柄では千代建(6366)が基準値を1.19%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <1月25日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 8714 池田泉州 -12.38% 0.1   2 8918 ランド -5.56% 57.1 (1/24)空売り規制対象 東証 3 1443 技研HD -4.00% 0.1   4 6740 JDI -3.56% 217.7 (1/23)Jディスプレ上昇 『台湾や中国の投資家が出資検討』の報道(NQN) 5 4912 ライオン -3.50% 0.2   6 4240 クラスターテクノ -3.01% 0.3   7 3053 ペッパー -2.77% 0.2 (1/24)昨年来安値更新 東証 8 4335 IPS -2.77% 0.4 (1/22)空売り規制対象 東証 9 3807 フィスコ -2.49% 0.1   10 7709 クボテック -2.33% 19.1 (1/24)業績下方修正 通期最終損益-8,000万円→-1.8億円 11 2228 シベール -2.27% 0.5 (1/24)昨年来安値更新 東証 12 1934 ユアテック -2.26% 0.2 (1/24)3Q決算 経常利益 33.5%減 13 6172 メタップス -2.21% 3.0   14 6786 RVH -2.16% 0.2   15 2362 夢真HD -2.15% 0.1 (1/22)適時開示:JSC株式会社との吸収分割契約の解除のお知らせ 16 2930 北の達人 -2.15% 0.1   17 6837 京 写 -2.01% 0.1 (1/21)空売り規制対象 東証 18 7638 NEW ART -1.92% 3.9   19 3987 エコモット -1.86% 9.1 (1/23)日々公表開始 開始日 東証 20 3673 ブロドリーフ -1.75% 0.1   ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

ヤマハ 発(7272)は21%高 安川電(6506)は2%安 13日の夜間PTS

14日の株式市場で、JDI(6740)や日本サード(2488)が注目されそうだ。いずれも前営業日夜間の私設取引システム(PTS)で14日の基準値を大きく上回る水準で約定した。JDIの約定価格は基準値に比べ34.62%高、日本サードは同20.00%高だった。また、主要銘柄ではヤマハ 発(7272)が基準値を21.00%上回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値上がり銘柄> <12月14日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 6740 JDI +34.62% 428.3 (12/14)中国企業と再建支援交渉 年度内決着めざす(日経) 2 7272 ヤマハ 発 +21.00% 0.1 (12/14)シンガポール配車大手グラブに170億円出資(日経) 3 2488 日本サード +20.00% 38.0 (12/13)ストップ高 東証 4 8601 大和証G +16.01% 0.1 (12/11)目標株価上げ モルガン・スタンレーMUFG証券 680円 → 720円 5 6184 鎌倉新書 +14.22% 8.7 (12/13)業績上方修正 通期営業利益5.2億円→7.4億円 6 4627 ナトコ +13.65% 0.1 (12/13)通期決算 経常利益 9.7%減 7 3491 GA TECH +9.53% 4.2 (12/13)通期決算 経常利益 90.8%増 8 9992 理研グリン +8.74% 11.6 (12/13)ストップ高 東証 9 3528 プロスペクト +7.14% 3031.3 (12/14)監理銘柄解除 解除日 東証 10 3995 SKIYAKI +6.34% 0.5 (12/13)3Q決算 経常利益 37.7%減 11 4565 そーせい +6.03% 24.6 (12/13)適時開示:精神障害および神経障害の治療薬として開発中のHTL0014242(選択的mGlu5 ネガティブアロステリックモジュレーター)の第1相臨床試験を開始 12 7044 ピアラ +5.90% 17.2 (12/13)ストップ高 東証 13 3159 丸善CHI +5.76% 0.5 (12/13)3Q決算 経常利益 36.0%増 14 8938 LCHD +5.33% 0.1   15 2487 CDG +4.31% 0.1 (12/13)年初来安値更新 東証 16 8114 デサント +3.96% 0.5   17 6727 ワコム +3.58% 0.2   18 6037 ファーストロジ +2.97% 0.2 (12/13)1Q決算 経常利益 3.0倍 19 1491 中外鉱 +2.94% 1.8   20 3627 ネオス +2.88% 0.4 (12/11)空売り規制対象 東証 オハラ(5218)やSAMURAI(4764) も注目されそうだ。いずれも前営業日夜間のPTSで14日の基準値を下回る水準で約定した。オハラの約定価格は基準値に比べ12.81%安、SAMURAIは同7.53%安だった。また、主要銘柄では安川電(6506)が基準値を2.01%下回る水準で約定した。 <夜間PTSで基準値対比の値下がり銘柄> <12月14日 0時00分時点> 順位 コード 銘柄名 基準値比 売買高 (千株) イベント 1 5218 オハラ -12.81% 5.3 (12/13)通期決算 経常利益 65.3%増 2 4764 SAMURAI -7.53% 11.5 (12/13)3Q決算 経常利益 32.2%減 3 7777 3Dマトリックス -6.29% 28.7 (12/13)2Q決算 経常利益 60.4%減 4 8918 ランド -6.00% 101.2 (12/13)空売り規制対象 東証 5 7280 ミツバ -3.73% 0.1 (12/11)年初来安値更新 東証 6 3237 イントランス -3.45% 0.2 (12/12)適時開示:臨時株主総会開催日及び付議議案の決定に関するお知らせ 7 8079 正栄食 -2.93% 0.1 (12/13)通期決算 経常利益 10.6%減 8 2370 MDNT -2.74% 0.3 (12/11)年初来安値更新 東証 9 7177 GMOFHD -2.45% 0.3 (12/13)適時開示:株主優待実施のお知らせ 10 2315 カイカ -2.26% 11.4 (12/13)年初来安値更新 東証 11 8107 キムラタン -2.14% 0.2 (12/10)年初来安値更新 東証 12 6506 安川電 -2.01% 0.1 (12/13)安川電が一時下げる 『ファーウェイ設備投資凍結』の一部報道で(NQN) 13 6624 田淵電 -1.88% 0.2 (12/12)空売り規制対象 東証 14 2330 フォーサイド -1.87% 0.1   15 3921 ネオジャパン -1.83% 1.4 (12/13)3Q決算 経常利益 13.8%増 16 4293 セプテーニHD -1.82% 0.2 (12/12)適時開示:株式会社電通による当社株券に対する公開買付けの結果、第三者割当による新株式発行及び自己株式の処分に係る経過、並びに主要株主等の異動 17 2714 プラマテルズ -1.77% 0.6   18 4837 シダックス -1.73% 0.4 (12/12)年初来安値更新 東証 19 2695 くらコーポ -1.70% 0.2 (12/14)前期の純利益5%増 海外好調で最高更新(日経) 20 6494 NFK-HD -1.69% 0.1 (12/11)空売り規制対象 東証 ※「寄り前ランキング」は、QUICK AI速報としてQr1などQUICKの情報端末でニュース配信中。QUICK Knowledge特設サイトは、QUICKの情報端末でご覧いただけます。

ソフトバンクGやJDIの業績期待広がる 10月のコンセンサスDIはマイナス幅拡大

株式市場でソフトバンクグループ(ソフトバンクG・9984)の業績期待が高まっている。3カ月前と比べて純利益の上方修正率が大きい銘柄をランキングしたところ、5位にランクインした。5日に予定されている同社の2018年7~9月期決算が注目される。ランキングの対象は5社以上のアナリストが業績を予想する421銘柄。 市場予想によると、ソフトバンクGの2019年3月期の連結純利益は7月末時点で6505億円だったが、10月末に7718億円に上方修正された。国内通信の事業が堅調に推移するほか、投資ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」が収益を押し上げるようだ。ただ、同ファンドはサウジアラビアの政府系ファンドから出資を受けており、サウジ総領事館で著名記者が殺害された事件の影響が懸念される。状況しだいでは今後、運用の見直しを迫られるかもしれない。 ランキングの首位は、経営再建中の液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(6740)だった。足元では収益回復期待が高まっているものの、中長期的な業績の安定は不透明との見方もある。 10月30日に18年4~9月期決算を発表したソニー(6758)もランキングに顔を見せた。同社はこの日、19年3月期の連結純利益を前期比44%増の7050億円に上方修正した。従来予想は2%増の5000億円だった。ゲーム事業が好調に推移するほか、音楽や半導体事業の利益も想定を上回るようだ。ただ、市場予想は6390億円と、会社予想より慎重にみている。 一方、下方修正率が大きかったのは、プラント建設大手の千代田化工建設(6366)や、ヤマダ電機(9831)だった。 アナリストによる主要企業の業績予想の変化を示すQUICKコンセンサスDI(10月末)は、金融を含む全産業ベースでマイナス10だった。前月のマイナス4から6ポイント悪化してマイナス幅が拡大した。輸送用機器や電機、鉄鋼といった製造業の弱気見通しがDIを押し下げた。 ※QUICKコンセンサスDI(QCDI)とは  アナリストが予想連結純利益を3カ月前時点に比べて3%以上、上方修正した銘柄を「強気」、下方修正した銘柄を「弱気」と定義し、「強気」銘柄が全体に占める比率から「弱気」銘柄の比率を差し引いて算出する。DIがマイナスなら、下方修正銘柄が上方修正銘柄を上回っていることを意味している。5社以上のアナリストが予想している銘柄が対象で、主要企業の業績に対する市場全体の期待値が上向きか、下向きかが分かる。

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP