米市場、積み上がる待機資金 MMF残高が10年ぶりの水準に

QUICKコメントチーム=松下隆介

米国市場で待機資金が積み上がっている。米ICI(インベストメント・カンパニー・インスティテュート)が15日発表した、14日時点のマネーマーケットファンド(MMF)の残高は前週比180億ドル増の3兆3544億ドルと、リーマン・ショックが尾を引いていた2009年10月末以来、約10年ぶりの水準まで増加した。米中貿易摩擦の深刻化などを受けて機関投資家がリスク資産を手放し、残高の増加につながったようだ。一方で、個人投資家の残高は8週ぶりに減少した。

■MMF残高の推移(ICI、単位10億ドル)

 

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 原油相場、波乱の11月 リーマン・ショック以来の下げ、月間▲22%

  2. AI取引、テールリスクには無力 長期投資の全面依存は難しく

  3. 目指せデータの達人⑪米国株の急落を予兆?する「ダウ・金倍率」

  4. 平成・危機の目撃者⓯ 香月康伸が見たリーマン・ショック(2008)=最終回

  5. 平成・危機の目撃者⓬ 伊藤嘉洋が見たバブル崩壊(1992)

  6. 平成・危機の目撃者⓫ 池水雄一が見た「有事の金」の復権(1999)

  7. 平成・危機の目撃者➑ 大沢孝元が見たLTCM破綻(1998)

  8. 平成・危機の目撃者➐ 松田邦夫が見たジャパンプレミアム(1990年代後半)

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP