高値REIT、生損保の買い越し額が「統計史上最大」 7月

QUICKコメントチーム=大野弘貴

東証が13日に発表した7月の不動産投資信託(REIT)の投資部門別売買状況によると、生保・損保が318億円と最大の買い越し主体となった。野村証券の13日付のリポートによると、「同部門として統計史上最大」の買い越し額だったもようだ。

金融市場が不安定な中でREITへの資金流入は続いており、東証REIT指数は7月に2000の大台を突破。月間の上昇率は4%超にのぼった。今月に入っても堅調を維持しており、13日は2037と年初来高値を更新している。

一方で、最大の売り越し主体は個人投資家で、292億円の売り越しだった。また海外投資家は17億円を売り越し、2カ月連続での売り越しとなった。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

 

関連記事

  1. REIT指数高値、4年半ぶり2000台 支えているのは、あの買い手

  2. REIT熱に「そろそろブローカーも悲鳴」 指数先物の売買高が最高

  3. 堅調REIT、イールド狩りの「宴」の後の危うさも

  4. 新興市場でも海外勢にお株を奪われる個人 売買シェアじわじわ低下

  5. 8月優待は107銘柄 逆風に強い外食系、その中でも注目は 

  6. アフラック株にも火の粉 日本郵便「二重払い・無保険10万件問題」

  7. カネ余りと高金利は政治混乱より強し イタリア首相辞任でも国債に買い

  8. 東洋エンジから日揮、ローム、楽天まで がん治療関連銘柄「増殖中」 

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP