マネーいっぱい、不安もいっぱい 金価格を支える4つの理由

QUICKコメントチーム=松下隆介

金にマネーが向かう流れが続いている。フランクリン・テンプルトンは29日付リポートで、金相場の先行きについて分析した。足元の上昇の背景に(1)米連邦準備理事会(FRB)の利下げなどを背景にした低金利環境が貿易加重米ドル指数を弱め、歴史的に逆相関の金価格を押し上げること、(2)米国によるイランへの制裁や米中貿易交渉の先行き不安など地政学的リスクの高まりに対するヘッジ需要が増えていること、(3)世界的な経済成長の鈍化懸念を背景に「安全資産」としての受け皿となっていること、(4)ポーランドの中央銀行が100トンの購入を発表するなど中央銀行の買いが増えていること、があるという。

「宝石類、ハイエンド電子機器の部品、安全な投資先、ポートフォリオの多様化などさまざまな需要から購入されている。短期的な方向性についての予測は難しいが、こうした需要が金価格や金鉱会社の株価を潜在的に下支えする可能性が高い」などと指摘した。

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 地政学リスク以上にリスクオフ 原油が売られ金に買い

  2. 歴戦の貴金属ディーラーが選んだ次の舞台 ブルース池水氏「個人向け啓発に軸足」

  3. 目指せデータの達人⑪米国株の急落を予兆?する「ダウ・金倍率」

  4. FF金利見通し、FRBと市場とのギャップ

  5. 9月優待、注目は私鉄🚋🚃🚄🚊 利回り高め、株価堅調組も

  6. サウジ攻撃で原油版恐怖指数が急騰 影響はアラムコのIPOにも

  7. 今度は「マイナス金利」でFRBに圧力 利下げ確率⤵で88.8%

  8. 日本国債は相対的に高利回り、海外勢の買いは続く アクサIMの木村氏

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP