リスクオフ加速、米金利も原油も⤵ 「利下げ2回以上」織り込む動き

米国の金利低下が加速している。10年物国債利回りは時間外で2.2%を割り込み一時2.18%台へ低下。2017年9月以来の低水準を付けた。金融政策の影響を受けやすい短めのゾーン主導の金利低下であり、米連邦準備理事会(FRB)の利下げを織り込む形になっている。CMEの「Fedウオッチ」では2019年中の利下げ1回以上の確率は9割弱、2回以上の確率は57%まで上昇している。

金利低下とともに原油価格の下落も目立っている。30日の米国市場ではWTIが前日比2.22ドル(3.8%)安の1バレル56.59ドルへ大幅下落となり、ほぼ2カ月半ぶりの安値を付けた。WTIは時間外取引で一段安となり、一時55.80ドルまで下落している。(池谷信久

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 米国で英国で中国で、製造業の景況感悪化 米利下げ催促モード強まる

  2. クラリダ発言、12月利上げ観測にクギ ドル高も一服

  3. 100%の利下げ期待、パウエル議長は何を語る あす注目の議会証言

  4. 日銀の国債買い入れオペ「転機」 増額と減額の合わせ技に市場は……

  5. 着々とFRB包囲網 トランプの青い鳥「理事に指名、うれしく思う」

  6. 甦るあの夏の記憶 傘下ファンドの社債懸念で仏銀株が急落

  7. そこまで来た米利下げ ここからの問題は「で、いつやるの」

  8. ロス長官、昨年末の利上げにダメ出し 「利下げ催促相場」加速も

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP