米長期金利が急低下2.2%台 逆イールドは「パリバショック」以来の水準

28日の米国債券市場で10年金利は2.26%と2017年9月以来、1年8カ月ぶりの水準に低下した。米財務省短期証券(TB)3カ月物との金利差(グラフ)は▲8.8bpに拡大し、「パリバショック」が発生した2007年8月以来の水準となった。

長短金利の逆転(逆イールド)は景気後退の予兆と言われている。逆イールドが一段と鮮明になったことで、景気不安が高まる可能性が出てきた。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 米中摩擦、きょうはリスクオフ加速の日 米製造業PMI⤵で米金利も⤵

  2. 2年10年より深刻、誤ったシグナル……米の逆イールドに慌て始めた市場

  3. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  4. ダウ800㌦安の引き金引いた1枚のチャート 逆イールドは後退の前兆

  5. 甦るあの夏の記憶 傘下ファンドの社債懸念で仏銀株が急落

  6. 米国で英国で中国で、製造業の景況感悪化 米利下げ催促モード強まる

  7. 米長期金利、FRBハト化で指標に鈍感

  8. 米1~3月期は「ゼロ成長」も GDPナウ予測、消費も生産も低調

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP