「スチールマゲドン2021」 市況悪化警戒、USスチール売られる 

11日の米国株式市場で米鉄鋼大手のUSスチールが6日続落した。日中取引の終値は3%安の16.69ドルだった。一時16.57ドルまで下げ、52週安値を更新した。バンクオブアメリカ・メリルリンチは同日のリポートで投資判断を「バイ」から「アンダーパフォーム」、目標株価を31ドルから18ドルにそれぞれ引き下げたもようだ。「スチールマゲドン」と呼ぶ、2021年ごろに見込まれる市況の大幅な悪化が業績の下押し要因になると分析したようだ。

「スチールマゲドン」は言うまでもなく、スチール(鉄鋼)とアルマゲドン(最終戦争)を組み合わせた造語。米国鉄鋼市場の供給過剰の期間と業界への影響と定義されるという。

バンカメ・メリルによれば、①市況悪化を受けた設備のアイドリング状態からのリスタート、②供給能力の追加、③新規の生産能力拡大という、3つの波を通じて供給が現在と比べ20%以上増えるという。現状は①の段階で、②は2020年から21年にかけて到来すると分析している。2022年にはニューコアやスチール・ダイナミクスなどによる新規のミニミル(規模が小さい電炉)稼働が見込まれ、③の波が訪れるという。米国のみならず、世界の業界に波及する可能性もある。(松下隆介)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 患者の表情から痛みを判定 進化する顔認識AI、大手と競うベンチャー

  2. 米中交渉、強硬トランプ流の行方は経済次第 指標悪化なら「合意」へ転換も 

  3. 近づく決算発表 「景気変調への耐性」「変化対応」に関心 QUICK月次調査から

  4. いざ本石砲 年6兆なら残り2兆円強=あと60営業日で31回=2日に1回……だが

  5. 債券版のVIX高止まり、背景に「トランプ・プット」あり?

  6. マネーが来た 「ESGなどキレイ事ですって? How dare You!」の時代 

  7. 月末FOMCでの利下げ確率9割近くに上昇 ISM指数下振れで

  8. ISM製造業指数は底入れか シグナル探索隊の逆張り説に耳を傾ける

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP