ドラギもヒヨった 年内利上げ断念で金利急低下、独は2年半ぶり低水準

欧州中央銀行(ECB)が利上げの先送りと銀行への新たな資金供給策(TLTRO3)を発表したことで欧州圏の国債利回りが急低下した。独10年債利回りは0.07%と2016年10月以来の低水準、仏10年債も同16年末以来の低水準となった。

ECBはこれまでの「少なくとも2019年夏まで」としていたフォワードガイダンスを「少なくとも今年の末まで」と19年中の利上げを断念、先送りするとした。また、20年6月に償還を迎えるTLTROⅡ(期間4年)を意識して、今年9月から期間2年のTLTROⅢの導入を発表した。これを好感して南欧国債の利回りも大きく低下した。

■長期金利は急低下した(ドイツ=グラフ赤、フランス=黒)

(薄いグリーンはECBのバランスシート)

ECB理事会の結果を受け、金利低下により利ざやが縮小するとの見方からドイツ銀行が5%超の下落となった。スペイン銀行大手のサンタンデール銀行が3.51%安となったほか、BNPパリバやクレディ・アグリコルの下落率は3%を超えた。(丹下智博、中山桂一)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 欧州、沈む金利 ベルギーもマイナス、ドイツは中銀預金金利を下回る

  2. 世界の中銀ハトだらけ 強まる緩和期待、御指名ラガルド氏どう出る

  3. 日独、マイナス長期金利つばぜり合い ドラギ総裁「利上げ先送りも」

  4. カリスマ投資家ダリオ氏、ダボスから警告 「私が最も恐れているのは……」

  5. ECB「半分ハト派」でも新興国売り 低金利継続が呼ぶドル高圧力じわり

  6. アルゴ勢とっくに「Brexit」 2年前からポンドの優先度引き下げ、備えはむしろ日銀緩和への思惑

  7. ECB理事会、焦点は緩和拡大の文言削除 米保護主義が様子見促す?

  8. 日銀の国債買い入れオペ「転機」 増額と減額の合わせ技に市場は……

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP