初の減益ZOZO株ダウン、需要予測フィットせず 証券各社はまだ強気

ZOZOが2019年3月期の連結業績予想を下方修正し、一転減益になると発表したのをうけて、1日午前の株式市場ではZOZO株への売りが膨らんだ。午前の終値は前日比8%安。寄り付き後に10%下落して2000円を割り込む場面もあった。相次いで公表された証券各社のアナリストリポートで、先行きに対する見方は分かれている。

野村証券では、新たな業績予想の前提を「保守的」と評価。会員向け割引サービス「ZOZOARIGATO」に関連するブランドの退店などの混乱は、早晩終息するとみているもようだ。

また、モルガン・スタンレーMUFG証券は解決すべき課題はあるものの、プラットフォームの優位性には変化はないとの見解を示したようだ。

みずほ証券では20年3月期にPB事業での赤字解消方針が示された点を前向きに評価。目先は株価の上値が抑えられても、20年3月期の業績反転で下値が大きく切り下がるリスクは軽減するとみているようだ。

一方、SMBC日興証券では大幅下方修正を「ネガティブ」と評価。「ZOZOARIGATO」の影響が大きく、業績予想が困難としているようだ。(弓ちあき)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. アルツハイマー薬のバイオジェン29%安 エーザイとの臨床試験中止

  2. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  3. 株価はエアバス買い・ボーイング売り 代替受注取り込みで思惑

  4. ポンド一時急落、EU離脱のメイ走いつまで

  5. 英ポンドが乱高下、英国版恐怖指数は反発 EU離脱案否決

  6. ボーイング「9.11」以来の下げ エチオピア事故、最新機種に影響広がる

  7. ドラギもヒヨった 年内利上げ断念で金利急低下、独は2年半ぶり低水準

  8. 米長期金利、FRBハト化で指標に鈍感

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP