TOPIX1400?で「打ち方やめ」 本石砲の持続性と日銀財務に高まる関心

年間6兆円規模に達する本石砲(日銀のETF買い)に関する議論が巻き起こっている。先週22~23日に開かれた日銀金融政策決定会合に向けてETF購入配分の変更があるのではないかとの見方が浮上したほか、持続性への問題提起も出始めた。

JPモルガン証券は28日、「日銀はいつまでETF購入を続けられるか」と題したリポートを発行した。日銀のETF購入の持続性を検証し、先行きに警鐘を鳴らす。阪上亮太氏らは「日銀がETF購入を減額あるいは変更しなければならない臨界点は目先ではないが徐々に迫っている」とみる。

今回の検証で懸念したのは日銀のETFの時価が簿価を割り込む事態だ。TOPIXが1400を下回ると日銀が保有するETF全体の簿価を時価が下回り、同様にTOPIXが1200を下回ると資本勘定の法定準備金が枯渇するという。昨年末の世界株安でつけたTOPIXの直近安値(12月25日)は1415.55だ。日銀の財務悪化に伴い政府による損失補填の必要性が生じるため購入の打ち切りや減額を余儀なくされる可能性を指摘する。その場合、日本市場には売りが売りを呼ぶリスクがあるとする。

前回の決定会合では購入配分変更は起きなかったが、ファーストリテイリング(9983)など一部の値がさ株では日銀の保有比率が20%に接近するものがある。日本株の大きな買い手である日銀のETF買いは需給を歪めているなどの指摘もある。(中山桂一)

※QUICKデリバティブズコメントはトレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。またQUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. どこまで踏み込む、日銀の次の一手 市場関係者に緊急サーベイ

  2. 見えてきた10年半ぶり米利下げ そして、さあどうする?黒田さん

  3. 日銀の国債買い入れオペ「転機」 増額と減額の合わせ技に市場は……

  4. 世界の中銀ハトだらけ 強まる緩和期待、御指名ラガルド氏どう出る

  5. 日銀オペ200億円減額、3つの理由

  6. カリスマ投資家ダリオ氏、ダボスから警告 「私が最も恐れているのは……」

  7. 【朝イチ便利帳】7日 ソフトバンクGや東芝の決算 NZ、インドなど政策金利

  8. 【朝イチ便利帳】1日 日銀の雨宮副総裁会見、7月の米ISM製造業指数

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP