中国市場が冷えたのか、iPhone熱が冷めたのか それが問題アップル・ショック

世界の株式市場を襲ったアップル・ショックから約1週間。米国株はひとまず落ち着きを取り戻しつつあるが、アップル株は依然として軟調な展開だ。急減速の本当の原因は何なのか、みんなが気にしているこの点がはっきりしない。

ウィルバー・ロス商務長官は7日に米経済専門チャンネルのCNBCに出演し、7~8日に行われる米中の貿易協議に関して「当座の問題で良い合意が得られそうだ」との見解を示しつつ、「私はアップルの業績が見通しに届かなかったことは、トランプ大統領の貿易協議のせいではないと思う」との見解を示した。

アップルは2日に2018年10~12月期(1Q)の売上高見通しを中国市場での不調などを理由に引き下げ、世界的な株安のきっかけになった。3日にケビン・ハセット米大統領経済諮問委員会(CEA)委員長はCNNのインタビューで、「アップルだけでなく収益を中国に依存する他の企業も何らかの影響が出るだろう」との見解を示していた。これに対して、中国の景気減速の影響について、ロス氏はトランプ政権の政策によるものではないとアップルを突き放したようなコメントを発した格好だが、アップル株に目立った反応は見られなかった。(片平正ニ)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. アップルが巨額買収に動く日はくるか 市場のお薦めはソニー・ピクチャーズや任天堂

  2. 5部門受賞のネトフリ大幅高 番組巨額投資で金字塔、課題は赤字縮小

  3. あけましてアップル・ショック 時価総額4位に後退

  4. 米国株は高ボラ×長ボラ相場に 需給面で忍び寄る2つの恐怖 

  5. 米テック3強「マイクロアップルゾン」 吹き飛んだ時価総額7000億ドル

  6. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  7. 米テック時価総額ダンゴ3強だ ①アップル②アマゾン③マイクロソフト

  8. なるか8年半ぶりの逆転劇 アップル時価総額に迫るマイクロソフト

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP