ソフトバンク、機関投資家の需要「国内2倍、海外3倍」 上場秒読み段階に

19日に東証1部に上場するソフトバンク(SB、9434)は10日、売り出し価格(公開価格)を仮条件と同じ1500円に決定した。市場からの資金吸収額は約2.6兆円で、日本企業のIPO(新規株式公開)では過去最大。単純計算した時価総額は約7.1兆円にのぼり、トヨタ(22.2兆円)、NTTドコモ(9.6兆円)、ソフトバンクG(9.4兆円)、NTT(8.9兆円)、三菱UFJ(8.2兆円)、ソニー(7.2兆円)に次ぐ規模となる。

上・下限の幅がない異例の「一本値」の仮条件で、先週ブックビルディングを実施した。売り出し株式の販売比率は9割が国内、1割が海外向けだ。もともと国内の個人を主な買い手と想定しており、国内の機関投資家への割り当ては全体の2~3%、金額では600億円前後といわれていた。

ブックビルディング期間中に起きた大規模な通信障害やファーウェイ問題などで需要の盛り上がりが注目されたが、市場関係者からは「国内機関投資家の倍率は2倍台前半、海外投資家向けはおよそ3倍となっていたとみられます。やはり通信障害などの影響でキャンセルも出たようですし、倍率はやや低いように見受けられます」との声が聞かれた。(中山桂一)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 孫氏の兵法「25-4=9?」 戦果は「G=10015」「SB=1270」

  2. 大型IPO、熱狂と成功体験は別物 悲嘆メルカリ&落胆ソフトバンク

  3. 上場間際ソフトバンクの強みと課題 香港の投資ファンドこうみる 

  4. 目標株価1100~1800円でバラつき さて、どうするソフトバンク投資家

  5. 本石砲の弾道「微修正」に思惑 ETF購入方針見直しで買われる銘柄、売られる銘柄

  6. ソフトバンクGが保有株売却の観測 エヌビディア下げる

  7. 投信よりソフトバンク 2.6兆円IPOが吸い上げる個人の待機マネー

  8. 「親」か「子」か 「孫」が仕掛ける2兆6000億円のドラマ ソフトバンク12月上場

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP