米景気後退の兆し?ここにも 先行指標のダウ輸送株が急落 

4日の米株式市場で景気の先行指標とされる「ダウ輸送株平均」が急落した。前日比の下落率は4%を超え、ダウ工業株30種平均の3%を上回った。

米景気の減速懸念や、モルガン・スタンレーが4日付で物流のUPSとフェデックスの目標株価を引き下げたことも響いた。モルガンは両社とアマゾン・ドット・コムの航空輸送の競争が激しくなるとみており、UPSの目標株価を92ドルから87ドル、フェデックスを240ドルから230ドルにそれぞれ引き下げた。UPS株は7%超下落し、フェデックスの下落率は6%を超えた。

一方で、そのアマゾンも大幅安となった。下落率は6%近くに達した。米財務省が郵便公社の改革に関するタスクフォースの報告書を発表したのが警戒された。業績が厳しい郵便公社の経営を改善しようと価格の上限を撤廃し、納税者の負担を減らしつつ、必要不可欠な郵便サービスの改革を図る内容。トランプ大統領はこれまで「郵便公社がアマゾンの配達坊やになっている」などと指摘し、アマゾンが郵便公社と有利な配送料金を契約しているのではないかと批判していた経緯がある。(根岸てるみ、片平正二)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

 

関連記事

  1. ブラック金もサイバー月も絶好調 米ネット消費、140億ドルの熱気

  2. アマゾン、賃上げ株下げでも「エフェクト」 同業にとばっちり

  3. 巨人の進撃、超大台への足取り

  4. FANG、本場も日本も絶好調 関税発動に動じず

  5. アマゾン上場来高値 主力ハイテク株3つ揃いで指数けん引

  6. 海を渡る「ひふみ」 レオスの組み入れ上位にあの銘柄

  7. 最高値アマゾンの荷の重さ ネット通販課税で競争優位は変わるのか

  8. 「AA」だけで190兆円、日本の上位30社分 走るアップルVS追うアマゾン

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP