クラリダ発言、12月利上げ観測にクギ ドル高も一服

先週末16日の米国市場でドル指数(DXY)が大幅反落し、0.70%安の96.43で終えた。7日以来の安値水準に下げたことになる。

この日に米連邦準備理事会(FRB)のリチャード・クラリダ副議長が米経済専門チャンネルのCNBCに出演し、「フェデラルファンド(FF)金利は中立水準に近づきつつある。さらなる利上げに関しては経済指標次第にすべきだ」との見解を示したことで追加利上げ観測が後退。CMEグループのFedウォッチツールで12月米連邦公開市場委員会(FOMC)での25bp利上げの織り込み度は65.4%となり、前日(68.9%)から低下した。米債は5日続伸して長期金利は低下し、ドル指数と金利が共に低下する流れが強まった。(片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 執拗な牽制球でも4度目利上げの決定打に 米新規失業保険が歴史的な低水準 

  2. 注目のFOMC、ドットチャート様変わり ドル安・米株安は一時的か

  3. イエレン前議長「次は利下げかもしれないわね」 資産圧縮でアドバイスも

  4. 大荒れ米市場、一気に利下げ催促モード 長短金利差は小幅拡大

  5. 甘くなかったパウエル議長 「帽子からハト」期待の株式市場は失望

  6. 会合直前に連日の利上げ牽制 トランプの北風、FRBの決断はいかに

  7. ダウ800㌦安の引き金引いた1枚のチャート 逆イールドは後退の前兆

  8. 米長期金利、なぜ上がる④ 緩む需給 海外勢も米国債離れか

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP