米、12月の利上げ確率75%に 長期金利3.2%台、構造的な需給悪化も

6日に投開票が行われた米中間選挙は、上院で共和党、下院で民主党が過半数を取る「ねじれ状態」となった。米10年債利回りは3.25%に迫る場面もあったが、その後は3.2%台前半を中心に推移。CMEグループが提供するFedウォッチツールで12月のFOMCでの利上げ確率は75.0%となり、前日(71.7%)から上昇した。

米長期金利が高止まりしている背景の一つとして、債券需給の悪化が考えられる。

2017年秋以降、FRBによる保有国債の圧縮(左グラフ、青網掛け)に合わせる形で米長期金利(同、チャート赤)は上昇している。トランプ政権は財政拡張的な政策を行っており財政赤字は拡大しているが、米国債を保有する海外投資家で最大の中国(右グラフ、チャート緑)、2位の日本(同、チャート青)とも、投資額を減らしている。需給面から金利上昇圧力がかかりやすい状況は続きそうだ。(池谷信久) 

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米長期金利、FRBハト化で指標に鈍感

  2. 米指標が上振れ 緩和的姿勢でインフレ期待じわり上昇

  3. 逆イールドに怯える市場 イエレン氏「景気後退の前兆とは思わない」

  4. ドイツ景気、足元ダメだが中期の悲観和らぐ ZEW期待指数が改善基調

  5. リスクマネーは何を買ったのか 暗黒のX’masから2ヵ月

  6. マイナス金利の日本国債に海外勢が群がる理由 1月も買い越し高水準

  7. イエレン前議長「次は利下げかもしれないわね」 資産圧縮でアドバイスも

  8. 大統領はおもてなし、議長はおもねりなし? トランプ・パウエル夕食会談の後味

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP