「恐怖」「歪み」、こちらも捻じれ まだまだ落ち着かぬ米株式相場 

5日の米国市場で恐怖指数のVIXが続伸し、2.30%高の19.96で終えた。投資家心理の不安感を示すとされる20を3日続けて下回って終えたが、6日の米中間選挙を前にややボラティリティの低下基調が一服している。

VIXがやや上昇傾向にある一方、スキュー指数は2日時点で115.73となり、今年最低水準にあった。5日に2.73%高の118.89で小反発したが、それでも年初来の安値圏にとどまっている。

スキュー指数は「ブラックスワン指数」とも呼ばれ、S&P500指数を対象とするオプション取引でコールに対するプットの需要の強さを表すもの。市場のゆがみを表すといわれる。スキュー指数が低下した場合は相場の落ち着きを示すことになる訳だが、今年は相場の急変を先取りすることはなく遅行して上昇する傾向にあるため、低位安定しているからといって相場の先行きが落ち着くとは想定しづらい状況だ。(片平正ニ)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

関連記事

  1. スキュー指数が2カ月ぶり低水準、反動高に警戒か

  2. ブラックスワン指数が1カ月ぶり高水準 米金利上昇、VIXも高い 【US Dashboard】

  3. 減速アップル、強烈な下げの引力 VIXは「不安」水準

  4. TI、SOX、FANG…恐怖指数VXN 駆け巡った半導体ショック 

  5. 最高値8000台まで来たナスダック、恐怖指数の上昇は何の兆し?

  6. VIX、一時3カ月半ぶり低水準 アップルと雇用統計で地合い改善

  7. 荒れ模様の上海、中国版恐怖指数が高水準

  8. 日経平均1000円安のデジャブ それでも「2月と違う」理由

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP