米金利上昇、「良い3.2%台」と「悪い3.4%台」

前週末の好調な米雇用統計を受けて、米金利の上昇が加速している。2日のニューヨーク債券市場で長期金利の指標である表面利率2.875%の10年物国債利回りは前日比0.08%高い(価格は安い)3.21%で取引を終えた。「3.2%」を上抜け、10月初旬の株価下落のきっかけとなった水準へと接近した。

2年債利回りは2.9%近辺で上げ渋っており、12月利上げと来年2回の利上げを織り込むにとどまっており、追加的な利上げの織り込みには慎重だ。

他方、30年債利回りが10月初旬の水準から上放れてしまったことを警戒する声が上がっている。今週7日には30年債入札が予定されており、需給懸念から一段の上昇の可能性もありそうだ。米中間選挙の結果次第ではさらなる財政拡張の可能性も意識され、財政悪化に伴う財政プレミアムの拡大、「悪い金利上昇」がテーマとなるリスクが高まっているように見える。(丹下智博)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 日本株、霧のち追い風 中間選挙後の上昇アノマリー

  2. 結果は想定内、気になるのは「トランプの次の想定外」 市場が見た審判の日

  3. ドル・米金利どう動く もうじき審判、米中間選挙

  4. どこへ行く米国 中間選挙、80%以上の確率で上下院で捻じれ

  5. 米中間選挙後ラリー 意識するアノマリー

  6. また好調な経済指標、米の長短金利差は拡大傾向

  7. 米中間選挙、下院で民主が過半なら「金利が低下」 米投資家の見方、月次調査

  8. 米9月の利上げ確率「99.8%」 強い雇用統計、サプライズ指数も改善

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP