アマゾン、賃上げ株下げでも「エフェクト」 同業にとばっちり

2日の米国市場でアマゾン・ドット・コムが反落し、1.64%安の1971.31㌦で終えた。この日、米国内の全従業員の最低賃金を引き上げ、時給15㌦にすると発表した。ネット通販大手の同社では倉庫で働く労働者の待遇改善が問題になっており、マーケットでコスト上昇が警戒された。

しかし、2016年の米大統領選挙で民主党の大統領候補争いを繰り広げたリベラル系のバーニー・サンダース上院議員はこの日にツイッターで「35万人のアマゾン従業員おめでとう。今回の動きは労働者だけでなく、世界に響き渡ったホームランだ」と賞賛。アマゾンの対応は政治的には高評価を得ていた。

一方、米小売株には売りが膨らんだ。アパレルのギャップは前日比4.90%安の27.31㌦で引けた。日用雑貨のベッド・バス・アンド・ビヨンドは4.88%安、百貨店のメーシーズは4.84%安、家電量販のベストバイも4.82%安となった。競合他社にとっては賃金の上昇圧力として働きかねないだけに、業績の圧迫要因として株式が売られたようだ。(片平正二、岩切清司)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 最高値アマゾンの荷の重さ ネット通販課税で競争優位は変わるのか

  2. 巨人の進撃、超大台への足取り

  3. FANG、本場も日本も絶好調 関税発動に動じず

  4. アマゾン上場来高値 主力ハイテク株3つ揃いで指数けん引

  5. 海を渡る「ひふみ」 レオスの組み入れ上位にあの銘柄

  6. 「AA」だけで190兆円、日本の上位30社分 走るアップルVS追うアマゾン

  7. ナスダック版「恐怖指数」のVXNが30に迫る アマゾン・インテルの下げ響く

  8. 米アマゾンが時価総額2位に浮上 初めてアルファベットを上回る

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP