上がるWTIと上がらぬBEI 米市場の強弱感、正しいのはどちらか 

1日の原油先物相場は、米国とカナダが北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉で妥結したことを受け、大幅に上昇した。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近物は一時75.77ドルと2014年11月下旬以来およそ3年10カ月ぶりの高値を付けた。

北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉やイラン制裁による供給懸念から原油相場がラリーする一方、債券市場では貿易紛争懸念が後退したことを受けて株高・債券安の展開だった。米債相場は小幅に続落し、10年債利回りは3.09%まで上昇する場面があった。

この日発表された9月のISM製造業景況感指数は59.8と、約14年ぶりの高さだった前月から1.5ポイント低下したが、景気の拡大・縮小の境目である50を大きく上回り米景気の好調さを示している。今週末に発表される米雇用統計が強い結果になれば、米長期金利は再び上昇余地を試す展開になるかもしれない。

米10年債と米物価連動債(TIPS)が共に売られるなか、約4年ぶりの原油高水準にも関わらず、米10年債の利回りからTIPSの利回りを差し引いたブレーク・イーブン・インフレ率(BEI)が上昇しづらい環境となっている。QUICK FactSet Workstationによれば、1日の米国市場で市場の期待インフレ率を示すBEIは212.84bpsとなり、前日(214.41bps)から1.57bps低下した。(池谷信久、片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 米インフレ懸念再燃か WTIもBEIも長短金利も水準切り上がり

  2. 米インフレ期待じわじわじわ 消費も原油も長期金利も↗↗↗

  3. 「America Omedeto Again!」 株最高値、雇用も景況感も翳りなし?

  4. インフレ期待度さらに低下、長期金利も上昇余地は限定的

  5. 米、消費者の期待インフレ率3%台に上昇 NY連銀調査

  6. 米金利3%乗せの先は VIXショックとの違い鮮明 【US Dashboard】

  7. ベージュブック、物価判断上げ 雇用統計で波乱再び?

  8. 米経済、物価上昇加速か 期待インフレ率上向きに サプライズ指数は6年ぶり高水準

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP