米利上げ、市場の織り込みは▲1回 FF先物の水準が示唆

26日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーの政策見通し(ドット・チャート)では、2018年末までに1回、2019年末までに合計4回の利上げが示唆された。

一方で、フェデラルファンド(FF)先物の2020年1月物は、おおむね市場が想定する2019年末の政策金利と考えることができる。26日のレートは金利ベースで2.83%と、2019年末までに3回の利上げを織り込んだレベルにある。

米長期金利とFF金利先物の連動性は高い。市場がFOMCの想定する利上げペースを織り込めば、10年金利は3.25%を超えても不思議はない。一方、10年金利が2.8%を割り込むとすれば、19年末までに1回しか利上げができないペースを織り込んだということになる。

足元の米景気の強さを踏まえると、リスクとしては金利上昇の方が大きいように見える。(池谷信久)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 強気シナリオで日経平均2万8500円 2019年をエクコメ・デリコメ執筆陣が斬る

  2. 米雇用市場に変調の兆し 失業保険申請じわり増加

  3. ダウ800㌦安の引き金引いた1枚のチャート 逆イールドは後退の前兆

  4. イエレン前議長「次は利下げかもしれないわね」 資産圧縮でアドバイスも

  5. 大荒れ米市場、一気に利下げ催促モード 長短金利差は小幅拡大

  6. 甘くなかったパウエル議長 「帽子からハト」期待の株式市場は失望

  7. 会合直前に連日の利上げ牽制 トランプの北風、FRBの決断はいかに

  8. WTIが50ドル割れ、BEIも低水準に FOMCでハトは出るか

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP