米利上げ、市場の織り込みは▲1回 FF先物の水準が示唆

26日に公表された米連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーの政策見通し(ドット・チャート)では、2018年末までに1回、2019年末までに合計4回の利上げが示唆された。

一方で、フェデラルファンド(FF)先物の2020年1月物は、おおむね市場が想定する2019年末の政策金利と考えることができる。26日のレートは金利ベースで2.83%と、2019年末までに3回の利上げを織り込んだレベルにある。

米長期金利とFF金利先物の連動性は高い。市場がFOMCの想定する利上げペースを織り込めば、10年金利は3.25%を超えても不思議はない。一方、10年金利が2.8%を割り込むとすれば、19年末までに1回しか利上げができないペースを織り込んだということになる。

足元の米景気の強さを踏まえると、リスクとしては金利上昇の方が大きいように見える。(池谷信久)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. クラリダ発言、12月利上げ観測にクギ ドル高も一服

  2. 米利上げ局面いよいよ最終コーナー 注目の2021年ドットチャート

  3. FOMC、今日の利上げより注目の2021年ドットチャート

  4. 米2年債利回り、10年ぶり高水準 9月FOMCで利上げ確実視

  5. 米9月の利上げ確率「99.8%」 強い雇用統計、サプライズ指数も改善

  6. 強い物価基調は変わらず 米CPI、6年4カ月ぶり上昇率【US Dashboard】

  7. 米10~30年債スプレッドが1ケタに縮小 11年ぶり低水準

  8. 新興国ETFからの流出20億ドル超 「中銀週間」、ドル高が逆風

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP