米9月の利上げ確率「99.8%」 強い雇用統計、サプライズ指数も改善

シティグループが算出するエコノミック・サプライズ指数は7日、マイナス3.60と8月上旬以来、1カ月ぶりの水準に改善した。

この日発表された8月の米雇用統計は、非農業部門の雇用者数は前月比20万1000人増え、前月の14万7000人から加速。市場予想の19万人も上回った。平均時給は前年同月比2.9%増え、2009年6月以来、9年2カ月ぶりの高い伸び率となった。これを受け、米10年金利は一時は2.95%と約1カ月ぶりの高水準を付けた。

強い雇用統計を受けて、CMEグループのFedウォッチツールで9月米連邦公開市場委員会(FOMC)での25bpの利上げ織り込み度は99.8%となり、前日(99.6%)からやや上昇した。さらに、実現すれば今年4回目となる12月の利上げの確率も79%まで上昇した。

13日には8月の米消費者物価指数(CPI)が発表される。7月のCPIはエネルギーと食品を除いたコア指数が2.4%上昇し、08年9月以来9年10カ月ぶりの伸びとなっていた。8月も物価上昇が加速すれば、金利上昇圧力は一段と強まりそうだ。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 強弱まちまち米雇用統計、金融政策に大きな影響なしとの見方

  2. 米2年債利回り、10年ぶり高水準 9月FOMCで利上げ確実視

  3. 強い物価基調は変わらず 米CPI、6年4カ月ぶり上昇率【US Dashboard】

  4. 米10~30年債スプレッドが1ケタに縮小 11年ぶり低水準

  5. 米金利、雇用統計の2日前に待ち受ける重要ポイント 【US Dashboard】

  6. どう読むFOMC、「四半期ごとのペースで利上げか」 各社の見解 

  7. 注目のFOMC、ドットチャート様変わり ドル安・米株安は一時的か

  8. 新興国ETFからの流出20億ドル超 「中銀週間」、ドル高が逆風

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP