スティープ化が一服、伸び悩む超長期債利回り

超長期債との長期債金利差が、8月中旬をピークに緩やかに縮小している。

9月の日銀国債買い入れは「3~5年」と「5~10年」が8月対比で減額となる一方、「10年超」は前月から維持される見込みで、需給面から金利差は縮小しやすい。

日銀は7月末に政策の修正を実施したが、長期金利の上昇は小幅にとどまっている。3カ月物ユーロ円TIBORは4日、0.063%と2017年10月以来の水準まで低下した。銀行はTIBORを基準に貸し出すケースが多く、収益の悪化要因となる。運用難に苦しむ投資家の資金が超長期債に向かいやすいことも、超長期債利回りの上昇を抑えているようだ。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 「日銀文学」と「日銀時間」 きょうの決定会合、無風との見方

  2. ステルス減額?ただの微調整? ペースダウン、夏の本石砲に思惑

  3. インフレ期待度さらに低下、長期金利も上昇余地は限定的

  4. ETF買い入れ「柔軟化」なら何が起きる? 銘柄変更で吹く逆風と順風

  5. 日銀の「柔軟化」観測でむしろ日米金利差は拡大 

  6. 本石砲、発射見送り「0.3%の掟?」 ETF買い見直しの思惑と警戒

  7. 日本市場の本石砲も休みなし ETF買い年6兆円超へまっしぐら

  8. そして日銀しかいなくなった…… 株式市場を覆う諦観、買い入れオーバーペースの必然

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP