米長短金利差いよいよ20bp割れ 一方で債先ショートは最大

米商品先物取引委員会(CFTC)が24日に発表した21日時点の建玉報告によると、米10年物国債の先物市場で投機筋の売越幅は70万514枚と、データが開示されている1993年以降で最大となった。

ただ、新債券王と呼ばれるダブルライン・キャピタルのガンドラック氏が17日にスクイーズ(踏み上げ)が起きる可能性があると述べるなど、市場では長期金利の急低下を警戒する声が増えている。

米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は24日のジャクソンホールでの講演で、段階的に利上げを進める姿勢を示す一方、物価上昇については「2%を超えて過熱するリスクはみえない」と述べた。

この日の米債市場では当面の金融政策の影響を受けやすい2年金利と、中長期的な景気や物価見通しの影響を受けやすい10年金利の差が縮小し、2007年8月以来11年ぶりに0.2%を割り込んだ。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事

  1. 米長短金利差11年ぶり低水準 2-10年で20bp割れ視野

  2. 米10~30年債スプレッドが1ケタに縮小 11年ぶり低水準

  3. 【朝イチ便利帳】 13日 FOMCの結果発表、パウエルFRB議長が会見

  4. 先物主導で節目回復を演出したのは海外勢 9月第2週

  5. 世界の利上げブームと一線 日本株、海外マネーが導く年初来高値

  6. 「America Omedeto Again!」 株最高値、雇用も景況感も翳りなし?

  7. 日経平均は乱高下 市場はこう見た安倍3選の「来し方行く末」

  8. 相場転換点の「サインはVI」 日経平均、上昇基調入りも

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP