投機筋は米金利上昇を想定か、10年債の売越幅が最大 【US Dashboard】

米商品先物取引委員会(CFTC)が3日に発表した7月31日時点の建玉報告によると、シカゴ商品取引所(CBT)の米10年物国債の先物市場で投機筋(非商業部門)の売越幅が前週比8万630枚多い59万128枚となった。

データが開示されている1993年以降で最大を更新した。

米景気は順調な拡大を維持している。加えて大規模な金融緩和の「しんがり」と思われていた日銀ですら、政策の微調整を始めた。

世界的な金利高を見据えるポジションは拡大しているようだ。(岩切清司)

 

  

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

 

 

関連記事

  1. 投機筋ついにユーロ売り越し トルコ余波、半端ないドル一強

  2. 原油先物 逃げる投機筋、しぼむ先高観

  3. 投機筋じわりポジション縮小 原油は利益確定、ドル円は円買い建玉減らす

  4. 原油高、終わりの始まり? CTAの買いがリーマン前水準に膨張

  5. ドローン熱気うなるうなる 用途も関連銘柄もフライト範囲拡大中

  6. きてるきてる債務バブル IMFも警鐘、リスクオンは軽傷で済まない?

  7. 5G和解の連鎖高 クアルコム↔インテル↔SOX↔アップル部品供給企業

  8. ご意見番フィンク氏の予言「米株にメルトアップリスク」 経済成長に強気

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP