掟破りトランプ砲、介入まがいのドル高狙い撃ち

トランプ大統領によるドル高けん制(トランプ砲)が日増しに激しくなっている。先週末20日にツイッターで、「中国とEU、その他の国は為替操作と低金利政策を続けてきた。過去、米国が利上げを行い、ドルは強くなっている。米国が競技を行える状況では無い」とつぶやき、中国の元安などを名指しで批判したことでドル高に対する警戒感が台頭。この日のドル指数(DXY)は4日ぶりに大幅反落し、0.72%安の94.48で終えた。

ドルはオフショア人民元に対しても売られ、1ドル=6.76元台へとドル安元高が進んだ。さらに、週明け23日の為替市場でドル円は一時、110円台まで下げ、20日のNY安値(111円38銭)を下回った。

20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が21日に開幕したが、国際協調が期待できる状況ではない。スティーブン・ムニューシン財務長官は21日、「為替操作の結果なのか市場力学によるものなのか注意深くみている」と述べ、中国の元安について注視する姿勢を表明した。トランプ政権内の数少ない自由貿易派であるムニューシン長官からもトランプ大統領と歩調を併せる「タカ派」発言が出ており、秋の中間選挙を控えて米国が保護主義路線を強める傾向にマーケットは付き合わざるを得ない。(片平正ニ)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. ドル高の圧力、トルコ一服でさらに 逆相関の金も1年半ぶり安値

  2. 「盾突く国」を狙い撃ち 進むドル高、新興国通貨安もう一つの読み方 

  3. 米金利低下・ドル安じわり 強い雇用統計でもインフレ懸念高まらず

  4. 米国休場でもT砲は休みなし 原油価格への不満爆発

  5. オフショア人民元が11カ月ぶり安値 中国人民銀、難しいサジ加減

  6. 米国から逃げるハーレー、叱る大統領 EU関税が業績と株価を直撃

  7. ブレマー氏、イラン核合意離脱なら何よりも「大きな影響」

  8. 相場格言に反して5月は4年連続で上昇 さて今年は……

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP