オフショア人民元が11カ月ぶり安値 中国人民銀、難しいサジ加減

オフショア人民元(CNH)がドルに対して売られる動きが鮮明だ。QUICK FactSet Workstationによれば3日のアジア時間に6.73CNHまでドル高元安に振れた。2017年8月以来、11カ月ぶりのドル高元安水準となる。中国人民銀行は3日にホームページ上に記事を掲載し、易綱総裁は人民元相場を「妥当で均衡の取れた水準でおおむね安定させる方針だ」との見解を示した。元安を防ぐためドル売り元買いの為替介入を示唆した格好で、オフショア人民元は6.65CNHを下回って、ひとまず元売りの動きがやや和らぐ展開となった。

過去4年の流れを踏まえると、ドル指数が上昇する局面では歩調を併せるようにCNHもドルに対して売られる傾向にあった。4月以降の急激なドル高元安は、2015年末に資本流出懸念からCNH売りが加速した局面と似ている。米中の貿易紛争懸念で中国株が弱含む一方、輸出を下支えするため中国当局が元安誘導に踏み切るとの思惑も根強く、中国人民銀としてはどこまで通貨安に歯止めを掛けるのかドル高の環境下、難しい状況となっている。(片平正ニ)

★ドル指数(青)とオフショア人民元(赤)の4年チャート
(QUICK FactSet Workstationより)


 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. T砲と米株高の威勢と虚勢 「WTOから離脱」「利上げ嬉しくない」……

  2. 最長ブル相場vsドル安・金利低下 経済指標の下振れ続く米国の強弱感

  3. 「嬉しくない」で金利もドルも⤵ T砲介入、夏バテも夏休みもなし

  4. ドル高の圧力、トルコ一服でさらに 逆相関の金も1年半ぶり安値

  5. 「盾突く国」を狙い撃ち 進むドル高、新興国通貨安もう一つの読み方 

  6. 掟破りトランプ砲、介入まがいのドル高狙い撃ち

  7. 米金利低下・ドル安じわり 強い雇用統計でもインフレ懸念高まらず

  8. 相場格言に反して5月は4年連続で上昇 さて今年は……

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP