誰も信じていない?米物価上昇 6年ぶり上昇率だがBEIは伸び悩み暗示 【US Dashboard】

6月29日に発表された5月の米個人消費支出(PCE)統計は、米連邦準備理事会(FRB)が重視するPCE物価指数(グラフ水色)が前年同月比2.3%上昇し、4月の2.0%から伸び幅を拡大した。FRBが目標とする2%を上回ったまま、FRBの利上げ継続および利上げペースの加速観測を正当化するように見えるかもしれない。

しかし、米10年債利回りに先行性があるのであれば、PCEの上昇は続かない。BEI(期待インフレ率、グラフ緑)も物価の伸び悩みを想定している。長短スプレッド(2-10年の利回り較差、グラフピンク)は、もっと悲観的だ。これまでの政策金利(FF Target Rate)の引き上げペースが速すぎて景気を「殺してしまう」ことさえも織り込もうとしているように見える。(丹下智博) 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。また、QUICKデリバティブズコメントでは特設サイト上で「US Dashboard」のサービスを始めました。米経済・市場の変化を見極めるツールです。

 

関連記事

  1. 米金利占うイベント相次ぐ 今週の米経済指標のポイントは

  2. 踏み込んだプレゼンター、瀬踏みするインベスター ソフトバンクGのフェアバリューとは

  3. 銅先物が1年ぶり6000ドル割れ 鉱山開発銘柄が大幅安

  4. コモディティ相場で閉じ始めたワニの口

  5. FANG、本場も日本も絶好調 関税発動に動じず

  6. スキュー指数9カ月ぶり高水準の不気味 ハイテク株高値警戒でヘッジの動きも

  7. ネトフリ決算で嫌気されたある数字 時間外で急落、関連銘柄に波及

  8. アマゾン上場来高値 主力ハイテク株3つ揃いで指数けん引

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP