【QUICK Forecast 企業業績】テルモと朝日インテック、会社予想を上回る増益に

QUICKは上場企業の2期先までの業績予想を示すツール「QUICK Forecast 企業業績」を提供している。このツールで精密機器業界をみてみると、テルモ(4543)と朝日インテック(7747)の医療関連2社に勢いがある。

テルモは、2019年3月期の連結営業利益を前期比5.5%増の1145億円と計画している。5月9日の決算説明会によると、増益要因として売上増による粗利益の増加、減益要因として薬価・公定価改定の影響を含む価格下落、販売投資の増加、研究開発費の増加を見込んでいるとしている。一方、QUICK Forecastでは営業利益を1150億円と予想する。

来期(2020年3月期)については、QUICK Forecastは営業利益が1160億円になると計算する。アナリスト予想のQUICKコンセンサス(6月13日時点)は1284億円となっている。

朝日インテックの18年6月期の連結営業利益の会社予想は前期比12.4%増の121億円。血管内治療に使われるPTCAガイドワイヤーや貫通カテーテルのグローバル規模での持続的成長が見込めるという。QUICK Forecastでは今期の営業利益を133億円、19年6月期は150億円と計算している。

※QUICK Forecastは全上場企業約3700社のうち、必要なデータがそろわない一部の銘柄を除き、ほぼすべての銘柄をカバーしている。決算や業績予想の修正などに対応し、タイムリーに予想値を算出することができる。現在はβ版として提供しており、サービス内容は適宜、改善・更新される。QUICKの情報端末の「ナレッジ特設サイト」ではこのほかさまざまな決算情報のコンテンツツールを提供している。

関連記事

  1. 【QUICK Forecast 企業業績】新日鉄住金と東京製鉄、来期も営業増益

  2. 【QUICK Forecast 企業業績】いすゞ自動車と日野自動車、来期も営業増益

  3. 【QUICK Forecast 企業業績】村田製とTDK、今期利益は会社予想から上振れ

  4. 【QUICK Forecast 企業業績】バンナムとスクエニ、今期利益は会社予想から上振れ

  5. ソニー来期の営業益は7000億円強 2期先を読む「QUICK Forecast」、市場予想より控えめ

  6. 【朝イチ便利帳】23日 MSOLが新規上場、アルファベット決算

  7. 【朝イチ便利帳】20日 6月の全国CPI、決算は東京製鉄や米GEなど

  8. 【朝イチ便利帳】19日 6月の貿易統計速報、マイクロソフト決算

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP