原油先物 逃げる投機筋、しぼむ先高観

米商品先物取引委員会(CFTC)が8日発表した5日時点の建玉報告によると、ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で投機筋(非商業部門)による原油先物の買越幅が7週続けて縮小した。前週比2万4252枚少ない58万3576枚と2017年11月下旬以来の小ささとなった。

チャートを見れば一目瞭然。原油先物相場が直近の高値(WTIで1バレル72ドル台)を付ける1カ月前から投機筋はマネーの引き揚げを始めていた。売りポジションを積み増した一方で買いポジションは7週連続して減らしている。原油相場の先高観はしぼむ一方で、米BEI(ブレーク・イーブン・インフレ率、債券市場が織り込む期待インフレ率)の伸び悩みの一因もこのあたりにありそうだ。(岩切清司)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています

関連記事

  1. 投機筋ついにユーロ売り越し トルコ余波、半端ないドル一強

  2. 投機筋じわりポジション縮小 原油は利益確定、ドル円は円買い建玉減らす

  3. 原油高、終わりの始まり? CTAの買いがリーマン前水準に膨張

  4. VIX、溜まる急騰マグマ 先物ショート18万枚超の最高水準

  5. WTIは高値から4割下げ 1年半ぶりの安値でBEIを押し下げ

  6. 不安のマネー、緩やかに着実に金へ 投機筋も個人投資家も

  7. 原油相場、波乱の11月 リーマン・ショック以来の下げ、月間▲22%

  8. 円売りポジションの巻き戻し、米債の売り建玉に同調

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP