次の標的はブラジル 通貨も株も大幅安、大規模ストで景気警戒

ブラジルレアルが対ドルで急落している。5月下旬からトラック運転手による大規模なストライキが起きたことで物流網がまひし、ブラジル経済に悪影響が出ていることが警戒された。10月の大統領選における極右勢力の台頭も意識されているもよう。ブラジル中銀は「米金利上昇が理由である」と流出懸念についてコメントし、昨日は通貨スワップ入札で為替介入を実施した。 三井住友銀行チーフストラテジストの宇野大介氏は「アルゼンチン、トルコに続いて、今度の標的はブラジルレアルになっている」と警戒感を強める。

7日の米国市場では、ブラジル株に連動するiシェアーズMSCIブラジルETFが前日比5.13%安で大幅に3日続落し、2016年12月22日以来、1年半ぶりの安値圏に沈んだ。ブラジルの代表的株価指数であるボベスパ指数が2.97%安で大幅に3日続落したうえ、ブラジル中銀がドル高レアル安を止めようと為替介入を行ったもののレアル安に歯止めが掛かっていないことから、ドル高による為替差損分もあってETFの下げがきつくなった。(丹下智博 、片平正ニ)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事

  1. ECB「半分ハト派」でも新興国売り 低金利継続が呼ぶドル高圧力じわり

  2. リスクオンで進む円高の謎 日本勢の米債売りも要因か

  3. レアル一服、暴れる敵を封じたブラジル中銀の「パワープレー」

  4. ブラジルレアル、2年ぶり安値圏 大統領選の行方混沌 一段安予想も

  5. ブラジル、レアル安が長期化観測 大統領が年金改革に「白旗」

  6. GEが時間外で2%安、ダウ平均の構成銘柄から除外 WBAが新たに採用

  7. 米GDPナウが4.7%に小幅低下 鉱工業生産の引き下げが下振れ要因か 【US Dashboard】

  8. アップルが3日続落 米中の貿易紛争懸念で先行きに不透明感

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP