「80兆円」の文言が消える日は近い? 日銀の国債買い入れ、17年度は49兆円

日銀が金融調節運営を解説する「2017年度の金融市場調節」のリポートを発表した。2017年度の日銀の実際の国債買い入れ額は「49兆円」と、方針として掲げている「80兆円をめど」から大きく下方に乖離(かいり)していることがあらためて確認できる。

「日本銀行の国債保有比率の上昇と国債買入れ額」の題したリポート内のコラム(BOX8)では、国債発行残高に対する日銀の保有比率が40%を超える水準となり、この「ストック効果」で金利の下押し効果がしっかりと働いていると強調。今後についても「市場動向に応じて長期国債の買入れ額を柔軟の調整していく考えである」としている。

■日銀のバランスシートと国債買い入れに関するコラム(「2017年の金融市場調節」から)

市場関係者がリポートを読めば「近い決定会合で80兆円をめどという文言が削除される可能性が高まった」という印象を抱くかもしれない。ただ、海外要因による日本経済の下振れリスクが高まっているなか、この文言が削除されたとしても金利は上がりにくいというのが多数派の見方となりそうだ。外国為替市場でさえも、これだけで円を売るという動きにはつながらないだろう。(丹下智博 )

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています

関連記事

  1. 日銀のオペ減額に「想定外」「絶妙」……意表突かれた債券市場

  2. 日銀の真意と苦悩は伝わったのか 異例の指し値オペでも金利上昇・円高

  3. 日銀オペ200億円減額、3つの理由

  4. TOPIX1400?で「打ち方やめ」 本石砲の持続性と日銀財務に高まる関心

  5. カリスマ投資家ダリオ氏、ダボスから警告 「私が最も恐れているのは……」

  6. 本石砲の弾道「微修正」に思惑 ETF購入方針見直しで買われる銘柄、売られる銘柄

  7. 「株式相場の番人」は年初から大忙し パウエルのハト、強化版の本石砲

  8. 弱気相場も「底」がある 個人と日銀、あの下げをならすのはあなた

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP