WTI急落、チェサピークやシェブロンなど石油関連が大幅安

25日の米国市場で石油・天然ガス大手のチェサピーク・エナジーが大幅続落し、5.49%安の4.30ドルで急落した。この日のNYSEの売買高ランキングのトップで、商いを伴い大幅安となった。

ノワク露エネルギー相とサウジのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相が25日に会談し、供給不足懸念に対応すべく生産を増やす準備があるとの見解を示した。ノワク氏は、増産する場合は「緩やかになる」と述べたが、WTI7月限が清算値ベースで4%安の67.88ドルで急落したことで石油関連銘柄は大幅安となった。スパイダーS&Pオイル&ガス探鉱生産ETFは3.15%安で大幅に4日続落した。

ダウ工業株30種平均は続落し、58ドル67セント(0.23%)安の2万4753ドル09セントで終えた。下落寄与度トップは連日でシェブロンだった。この日は3.49%安で大幅続落し、シェブロン1銘柄でダウを30ドルほど押し下げた。下落寄与度の上位には米建機大手キャタピラーやエクソン・モービルも顔を出した。(片平正ニ)

 

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. コモディティ相場で閉じ始めたワニの口

  2. 原油は温めの65~70ドルがいい 「ほどほどの減産」を巡る米とサウジの都合

  3. 原油高、終わりの始まり? CTAの買いがリーマン前水準に膨張

  4. 資源国通貨、原油高で浮かぶ豪ドル 沈んでいるのは……

  5. 原油大幅高 織り込み始めた「イラン情勢泥沼化」 WTI70ドルに現実味

  6. 止まらぬ原油高、OPEC減産「出口」に現実味 はらむ急落リスク

  7. 踏み込んだプレゼンター、瀬踏みするインベスター ソフトバンクGのフェアバリューとは

  8. 銅先物が1年ぶり6000ドル割れ 鉱山開発銘柄が大幅安

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP