トルコリラまた安値更新、公募債の為替差損も拡大 どうするミセスワタナベ

中央銀行への圧力を強めるトルコのエルドアン大統領の姿勢に対し、格付け大手フィッチ・レーティングスは22日、「金融政策の独立性が一段と損なわれ、トルコの国家としての信用力にさらに圧力がかかる」と警告した。同日の外為市場でトルコリラは急落。対ドルでは一時1ドル=4.68リラ台までリラ安が進み、最安値を更新した。

トルコリラ建て公募債の為替差損も膨らんでいる。下のグラフは、現存するリラ建て公募債約3300億円のうち、為替差損が20%以上発生しているものが、ざっと2500億円レベルに膨らんでいることを示している。

米長期金利と米ドルの上昇を背景に、トルコやアルゼンチンなど一部の新興国の通貨が下落している。この傾向が続いた場合、新興国にどのような影響をもたらすか、21日に発表したQUICK月次調査<外為>で聞いたところ、「資金流出や通貨下落は一部の新興国に限定される」が7割を占め、「資金流出や通貨下落が新興国全体に広がる」が23%となった。

回答者からは「アルゼンチンやトルコの通貨が下落しているのは、両国ともインフレに直面しており、高水準の債務残高を抱えるなど、固有の問題があるため。一方、多くのアジア諸国は、過去に比べて財政収支や経常収支が改善している。通貨安がアジア諸国に波及し、金融市場全体に動揺が広がる可能性は低い」(投信投資顧問)などの声が聞かれた。(池谷信久)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. アルゼンチン売りトリプル 株、ペソ、国債 ポピュリズム政権を警戒

  2. ●●●●●●●で「初日」待ちわびる日経平均 買い手もカタリストも不在

  3. 米中間選挙、下院で民主が過半なら「金利が低下」 米投資家の見方、月次調査

  4. 【朝イチ便利帳】13日 3月の景気動向指数 LIXILグ、東芝など380社が決算

  5. 目指せデータの達人①株価の天井・大底つかむ「期待上昇率」

  6. 【朝イチ便利帳】4日 パナソニックなど120社が決算 米決算はアルファベット、中国など休場

  7. 【朝イチ便利帳】30日 日銀の政策決定会合、キャタピラーなど決算

  8. ペソ下げ止まりも安心できず 100年債アルゼンチンへの疑心暗鬼

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP