南北閣僚級会談中止、韓国ETF売られる 

15日の米国市場でiシェアーズMSCI韓国ETFが3日続落し、2.10%安の72.93ドルで軟調に終えた。下落率はiシェアーズMSCIジャパン(1.02%)を上回り、米長期金利が上昇してiシェアーズMSCIエマージングETFが2.06%安となる中で韓国株も売りが優勢だった。


北朝鮮が15日、16日に予定されていた韓国との閣僚級会談への参加を取りやめるとともに、予定されている6月の米朝首脳会談の行方についても警告する姿勢を示した。米韓の合同軍事演習を懸念したというが、この日の米市場でファランクス近接防御火器システムや地対空ミサイルのパトリオットなどを手掛けるレイセオンは0.10%高、ステルス戦闘機F35を手掛けるロッキード・マーチンは0.21%高、B2爆撃機を手掛けるノースロップ・グラマンが0.39%高となり、軍事関連銘柄が小幅ながら逆行高となったが朝鮮半島の地政学リスクを警戒する動きは限られた。(片平正二)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 韓国株ETFが急伸 防衛関連銘柄は軒並み下落 南北首脳会談合意で

  2. 米防衛関連株が失速 「軍事もディール」どう見極め?

  3. レイセオンなど米防衛関連株が堅調 「米軍の準備できてる」でリスク警戒

  4. 新興国ETFからの流出20億ドル超 「中銀週間」、ドル高が逆風

  5. ECB「半分ハト派」でも新興国売り 低金利継続が呼ぶドル高圧力じわり

  6. 米長期金利、なぜ上がる③ パウエル新FRB議長の手腕読めず

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP