株、海外投資家の買いと個人の売りが続く

 東証が26日に発表した4月3週(16~20日)の投資主体別売買動向 (東証、名証2市場の合計)によると、外国人投資家は現物で4週連続の買い越し。現物と先物(TOPIX、日経225ラージとミニ合計)を合わせた総額ベースは3週連続の買い越しとなった。3週合計での買い越し額は1兆4940億円に達する。
 その一方で、個人は現物、信用ともに売り越しで、トータル(先物、現物の合計)で4週連続の売り越し。4週合計の売り越し額は7614億円に達した。外国人投資家の買いと、個人投資家の売りという構図が続いている。

 この週の日経平均は上値追いの展開となり、4週連続の上昇となった。13日に米英仏軍がシリアのアサド政権へのミサイル攻撃を行ったが、軍事行動が拡大せず、中東情勢を巡る不透明感が後退したとの見方が広がった。また、日米首脳会談が無難に通過したことなどを背景に日経平均は約1カ月半ぶりに2万2000円の大台を回復した。(岩切清司)

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. 株、海外投資家は2週連続で買い越し 個人は戻り待ちの売り

  2. トヨタは必達目標、日本紙は努力目標? 業績予想にはクセがある

  3. 甦るテーパー・タントラムの記憶 今度の標的はインドネシアか

  4. ドル高、マネーは中小型株へ ラッセル2000が史上最高値【US Dashboard】

  5. 米長期金利3.1%台、利上げ加速を織り込む展開に【US Dashboard】

  6. マジックナンバー「3.60%」 その時、マネーが動く

  7. ブラックスワン指数が1カ月ぶり高水準 米金利上昇、VIXも高い 【US Dashboard】

  8. 【注目銘柄】お待ちかね、メルカリ上場 見えてきたその実力と課題

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP