ゴールドマン反落 1Q好決算もトレーディング収益が予想に届かず

17日の米国市場でゴールドマン・サックスが反落し、1.64%安の253.63ドルで終えた。この日の寄り前に2018年1~3月期(1Q)決算を発表した。売上高にあたる営業収益は前年同期比25%増の100億4000万ドル、1株当たり利益(EPS)は6.95ドルとなった。市場予想(87億4000万ドル、5.58ドル)を上回る好決算だったが、株価が戻り歩調にあったせいか朝高後は好材料出尽くしで売りが優勢となった。
1Qの期間中は、株式市場など金融市場でボラティリティが高まる環境だった。債券・為替・商品のトレーディング関連の売上高にあたる営業収益は同22%増の20億7000万ドルと大きく増えたが、市場予想(21億3000万ドル)を下回ったことがやや売り材料視された。(片平正二)

ゴールドマン・サックスのNY市場終値推移(QUICK Qr1多機能チャートより)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事

  1. 強弱まちまち米雇用統計、金融政策に大きな影響なしとの見方

  2. 米10年金利いよいよ3%目前 ドルも全面高、108円後半 【US Dashboard】

  3. どう読むFOMC、「四半期ごとのペースで利上げか」 各社の見解 

  4. ゴールドマンのTOPIX先物売り、背景に何が?

  5. ドル円、一時108円台 米財務長官のドル安容認発言でどうなる?

  6. フェイスブックなどFANG売りの理由は? 注目リポートに税制改革も

  7. トヨタは必達目標、日本紙は努力目標? 業績予想にはクセがある

  8. 甦るテーパー・タントラムの記憶 今度の標的はインドネシアか

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP