VIX、6日ぶり20割れ 四半期ベースでは80%上昇【US Dashboard】

29日の米国市場で恐怖指数のVIXが3日ぶりに大幅反落し、12.68%安の19.97で終えた。終値ベースで21日以来、6営業日ぶりに20の大台を割り込んだ。主要な株価指数が大幅反発する中で市場心理の落ち着きを反映する展開だった。

一方、3月の月間でVIXは0.60%高となり、3カ月連続で上昇。2018年1-3月期では80.88%上昇した。四半期ベースの上昇率としてはウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)マーケットデータによれば2011年7-9月期(160.04%高)以来の大きさだという。1-3月期は米長期金利上昇や米中の貿易紛争懸念で大荒れとなり、VIXの急騰につながった。

※QUICKデリバティブズコメントでは2月19日から、QUICK端末上のナレッジ特設サイトで「US Dashboard」のサービスを始めました。米国の長・短期金利スプレッド、期待インフレ率、VIXなど投資家・市場参加者が日々チェックするデータをチャート形式で一覧できます。米経済・市場の変化を見極めるツールとしてご利用いただけます。

関連記事

  1. 恐怖の目安は「20」より「17」 VIX急騰もう一つの読み方 

  2. 7月の50bp利下げに否定的 FRBのMr.ハト派の発言、思惑呼ぶ

  3. 関税ショック VIXが4カ月ぶり20台、日経平均2万円割れの声も

  4. VIX、溜まる急騰マグマ 先物ショート18万枚超の最高水準

  5. 最高値に迫る米株、恐怖指数が半年ぶり低水準 VIX先物はショート拡大

  6. 英ポンドが乱高下、英国版恐怖指数は反発 EU離脱案否決

  7. ボラ、ボラ、ボラ 戻ってきたリスクオン 3枚のチャートが表す強気

  8. 弱気相場も「底」がある 個人と日銀、あの下げをならすのはあなた

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP