フェイスブック急落 個人情報の不正利用問題浮上 時価総額3.8兆円減少

19日の米国市場でソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)大手のフェイスブックが前日比6.76%安の172.56ドルと急反落した。終値の下落率はS&P500採用銘柄でトップで、2014年3月26日(6.94%安)以来、4年ぶりの大きさ。一時は8%超安い170.06ドルまで下げた。同社から個人情報が流出した可能性があると欧米メディアが報じ、売りが膨らんだ。

各報道によるとデータ分析会社ケンブリッジ・アナリティカが、フェイスブックから得た5000万人の情報を政治利用していたという。2016年の米大統領選の際に不正に利用されたとみられる。いわゆるフェイクニュースの問題に続き、SNS大手としての責任が問われる事態となっている。

株価急落を受け、QUICK FactSet Workstationによれば同社の時価総額は前日から363億ドル(約3兆8000億円)減少し、5012億ドル(約53兆1000億円)となった。投資会社バークシャー・ハザウェイの時価総額(5034億ドル)を下回る。

フェイスブックは同日、サイバーセキュリティやデジタル犯罪などに詳しいStroz Friedbergを雇い、今回の不正データ利用の問題を調べると発表した。

※QUICKエクイティコメントで配信したニュースを再編集した記事です。QUICKエクイティコメントは、国内株を中心に相場動向をリアルタイムでLIVE解説するQUICKのオプションサービスです。

関連記事

  1. フェイスブック上値重く 公聴会を前に規制リスク警戒も

  2. 米ハイテク株、軒並み急落 エヌビディアが7%安、テスラ8%安

  3. フェイスブックなどFANG売りの理由は? 注目リポートに税制改革も

  4. 米フェイスブック決算 「偽ニュース対策」懸念を吹き飛ばしたのは……

  5. 台湾のTSMCショック、アップル関連株を直撃

  6. 株、海外投資家は2週連続で買い越し 個人は戻り待ちの売り

  7. IBM急落が足引っ張る NYダウ、3日ぶり反落

  8. 米インフレ懸念再燃か WTIもBEIも長短金利も水準切り上がり

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP