米コインベース、仮想通貨のインデックス・ファンドを発表

米仮想通貨取引所大手のコインベースが6日、同社で取引できる全ての仮想通貨を対象としたコインベース・インデックス・ファンドを発表した。個々の仮想通貨に投資するのではなく、時価総額に応じて複数の仮想通貨に投資することでリスク分散を図る考えのもよう。同社で取引できる仮想通貨は、ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインの4種類となっている。

出所:Coinbase

併せて、コインベース・インデックスという指数も発表した。構成比率はビットコインが62%、イーサリアムが27%、ビットコインキャッシュが7%、ライトコインが4%となっている。比率を見る限り、時価総額の大きいビットコインのウエイトが高いため、あまりリスク分散にはならない恐れがありそう。今のところ米国在住の投資家しかコインベース・インデックス・ファンドには投資できないようだ。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

 

関連記事

  1. ビットコインが7000ドル割れ FBIが技術サポートを装った詐欺を警告

  2. イーサリアム急落、ピーク時の4分の1に 個人の焦りが下げ加速

  3. ビットコインに先安観再び 下値メドは5000ドル? オプション取引が示唆

  4. MTGOXの破産財団、ビットコインなど430億円売却 さらに2000億円分も

  5. 仮想通貨の混乱、上場企業に波及 メタップスの会計処理巡り

  6. ビットコイン、9000ドル割れ 「バイナンスに金融庁が警告方針」報道

  7. ビットコインが6%安 ツイッターも広告規制準備か

  8. ビットコイン、1カ月ぶり安値 グーグル・米議会・G20 が規制強化の動き

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP