ドル円、105円台でも耐える 店頭FX、ドル買いポジションは微減(QUICK店頭FX建玉)

QUICKがまとめた16日時点のFX大手8社の建玉状況、「QUICK店頭FX建玉統計」で円に対するドルの買い建玉は前の週に比べ1.8%減の53万4068だった。一方でドル売り建玉は同2.1%増の12万377枚。この週は外国為替市場でドル円が1ドル=105円台まで下落(円相場は上昇)した。

日本の個人はドル円の下落時に押し目買いで臨む傾向が強い。今回もドル安局面で損切りをしつつも、積極的な買いポジションを組み上げてきた。前週は急激なドル安・円高になったものの、ドルの買い建玉を保持したまま耐えきった様子が浮かび上がる。

ただ、ドル買いポジションの比率は82%と依然として高水準。一段の円高局面に突入した場合、日本の個人投資家、いわゆる「ミセス・ワタナベ」の動向が再び関心を集める公算は大きい。

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 個人、ドル円で利益確定を継続 買い建玉が2週連続で減少

  2. 個人のドル買いポジション、やや縮小(QUICK店頭FX建玉)

  3. 個人、早くも利益確定 投機筋の円売りポジションに拡大余地との指摘も

  4. 個人のドル円買い比率が5年半ぶり高水準、投機筋と「真っ向勝負」

  5. 個人のドル買い比率、5年5か月ぶり高水準(QUICK店頭FX建玉)

  6. ドル円、戻り売りは限定的か 店頭FX、ドル買いポジションなお高水準(QUICK店頭FX建玉)

  7. 円高じわり、107円台 店頭FXのドル円ポジションは?

  8. トルコリラ、過去最安値を更新

人気記事

  1. 登録されている記事はございません。

最新記事

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP