ダウ、全銘柄下落 ボーイングは137ドルの押し下げ要因

米雇用統計発表後の米金利上昇をきっかけにした株安の流れが加速し、5日の米国株式相場は前営業日をしのぐ急落ぶりを見せた。ダウ工業株30種平均は前週末比1175ドル21セント(4.6%)安の2万4345ドル75セントと過去最大の下げ幅を記録、2カ月ぶりの安値水準を付けた。

指数の全構成銘柄が2日続けて下落。なかでも下落寄与度トップはボーイングで、同銘柄だけでダウ平均を137ドル押し下げた。ほかにスリーエムが94ドル、ユナイテッド・ヘルスが81ドルの押し下げ要因になった。

            ダウ平均の下落寄与度ランキング

(QUICKデリバティブズコメント)

※QUICKデリバティブズコメントで配信したニュースを再編集した記事です。トレーダーやディーラー、運用者の方々へ日経平均先物・オプション、債券現物、先物を中心に旬のマーケット情報をお伝えしています。ライター独自の分析に加え、証券会社や機関投資家など運用・調査部門への独自のネットワークから情報を収集し、ご提供しています。

関連記事

  1. 見えてきた10年半ぶり米利下げ そして、さあどうする?黒田さん

  2. 米国株、そこまで見えてきた2万7000ドル&3000時代

  3. 米国株高値そろい踏み 債券、金まで⤴は、そろい過ぎ

  4. アジアで日本株は「不人気」 カタリスト不在、上値追いに慎重な声

  5. 米景気後退の兆し?ここにも 先行指標のダウ輸送株が急落 

  6. NT倍率が歴史的な高水準 通商摩擦懸念で透ける防御の心理

  7. GEが時間外で2%安、ダウ平均の構成銘柄から除外 WBAが新たに採用

  8. タカ派のFOMC議事要旨 市場は乱高下 米長期金利、2.95%台に上昇 

人気記事ランキング

  1. 登録されている記事はございません。

アーカイブ

PAGE TOP